無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の1件の記事

2016.12.27

首都大学東京 牧野標本館

少し前のことになりますが、11月に長池公園生き物図鑑の勉強会で、首都大学東京 牧野標本館の見学をしました。

前からどんなところなのか見学したいと思っていましたが、なかなかチャンスがありませんでした。
今回、生き物図鑑を主宰されている木原先生の計らいで、関係者8名で伺い牧野標本館の加藤先生に説明していただきました。


牧野標本館については、サイトの概要では以下のように記されています。

 「牧野標本館は、日本の植物分類学の基礎を築いた故牧野富太郎博士(1862-1957、初代名誉都民)の没後、遺族から寄贈された未整理標本(牧野標本)約40万点(牧野標本)を整理し、教育・研究のための学術資料として活用することを目的として、1958年に東京都立大学の一施設として設立されました。」

Pb194403w800


 
 
もともとの標本は当時の新聞に挟んであるが、いまだに未整理のものもあるとのことです。

Pb194404w800

 

 
 
標本は奥の保管庫に整理されてびっしりと入っていました。
植物の基準標本(タイプ標本)がたくさんあるのにもビックリでした。

保管されているのは、世界各地の植物標本と交換したものもあるようです。
その中にシーボルトが日本で採集した植物の標本も多数あるようです。

Pb194405w800

 
 
新しい植物標本のつくり方も紹介してもらいました。
植物標本というと中学生のころやった、新聞に挟んで重しを載せて水分がなくなった茶色の標本を思い出しますが、今では原色の標本ができるようです。

Pb194396w800

 
 


植物には疎い私ですが、これを見るとそのすごさは分かります。

学園祭では公開もしているので、植物に興味のある方はぜひ見ていただきたいと思います。

興味ある方は、以下のサイトの詳細もご覧ください。


首都大学東京 牧野標本館

牧野標本館タイプ標本データベース

シーボルトコレクション

 
 


詳しく案内していただいた加藤先生、見学会を企画していただいた木原先生に感謝いたします。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31