無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の6件の記事

2017.03.31

コスミレ

先日、コスミレの写真を載せたが、今回は違うところで咲くコスミレです。

こちらは、花の色が違う。

A3308607aw800


 
 

団地の草地の一角に、ここにしかないコスミレ。

最初はあまりにきれいなスミレなので、コスミレとは思わなかったが、専門家に聞いたところコスミレと教えてもらった。

ある木の周りだけに出たので、この木を植栽した時に種が付いてきたのではと思っている。
 

今回もカメラ内深度合成に挑戦した。

何度も撮っているとコツもつかめてきて、ここからさらに応用ができるのではと思っている。
 


OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
ISO400 1/2000秒 F3.2
カメラ内深度合成
フォーカスステップ8

2017.03.27

オオイヌノフグリ

今日の午前中も、昨日に続いて寒い雨が降っている。

しかし、さすがに3月の下旬ともなれば、野草も沢山咲き始めた。

小山田端自然公園では、この間の土日が、年一度のカタクリの花公開日だったが、以前ほどではないが沢山咲いていた。

オオイヌノフグリは、晴れればいたるところに沢山咲いているが、絶滅危惧種である在来のイヌノフグリはまだ見たことがない。

この近辺にも、細々とはあるようなので、いつか見つけてみたい。

オオイヌノフグリは、いつもなかなか良い写真は撮れない。

ふつうは横から2本の雄蕊にピントが合うように撮影するが、今回真上から深度合成で撮ってみた。

A3248055ww800


 
 

普通に撮ると、蕊の先だけにピントが合ってあとはボケてしまう。

この写真を拡大してみるとこんな感じである。

A3248055w800


 
 
花の中央部分がこんな感じとは知らなかった。

 

2017.03.25

コスミレ (カメラ内深度合成)

昨日、ハコベを撮影した時に、ほかの野草もいろいろと撮影し、深度合成もしてみた。

清水入緑地では、以前それは見事なコスミレの群落があったのだが、だんだん少なくなってきてしまった。

それでも、そこかしこにちょうど今咲き始めている。

A3248152w800


 
 

これは、60mmマクロレンズで、絞りF3.2で1mくらい離れての撮影であるが、この写真でははっきりしないが拡大すると、中央の花の唇弁だけにピントが合っていて、あとはボケてしまっている。

そこで絞りをF8にして、撮影したのが次の写真です。

A3248151w800


 
 

後ろの花にもピントが合っているが、背景のボケがうるさくなり花が浮き立たない。

こんな時に深度合成はどうかといろいろ試したら、こんな風になった。

A3248197w800


 
 


絞りはF2.8ですが、花全部にピントが合って、しかも背景はボケたままである。

カメラ内深度合成すると周辺がカットされるので、画角は違ってきています。

この時のデータは次の通りです。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
ISO感度400、F2.8 1/4,000秒
フォーカスステップ 4


実はこの時に何度も失敗しています。

風があるので花は常に揺れて、それもバラバラの方向に動く。

こんな時に撮影すると、カメラはしばらく考えているが、深度合成はできませんと表示されてしまいます。

昨日載せたハコベのように茎を手で持つ事もできないので、ひたすら風が来ない時を待ち、しかもシャッタースピードはなるべく早くして短時間で8枚撮り終わるようにします。

もう一つ重要なのが、フォーカスステップです。

この時はステップ4ですが、8枚撮って花びらにピントが合っているのは4枚で、手前2枚、奥2枚はピントが外れているので、多分4枚の合成でできているのだと思います。

では、ステップ1か2で撮影するともっとシャープに写るかというと、花の揺れを拾ってしまうのか、花びらが2重線になってしまいました。

ステップ10では2枚しかピントが合っていなくて、あとは前後にピントが外れて中央部分がピンボケでした。

つまり、どのレンズで、何cm離れて、ステップをいくつにすると、8枚撮影でピントが合うのは何センチから何センチとデータが必要になります。

どなたか調べた方がいるかもしれませんが、今度自分で確認してみようと思います。

なんだか、コスミレの季節便りよりも、撮影方法の説明になってしまいましたね。

まだまだ、試行錯誤中です。


 


2017.03.24

ハコベ (カメラ内深度合成)

昨日は友人夫妻と東京薬科大の薬草植物園に行ったが、春の野草がいろいろと花をつけ、カタクリも沢山咲いていた。

野草を以前ほど撮影しないのだが、今日は清水入緑地で小さな花たちを撮影してみた。

ヒメウズ、ハコベの仲間、オオイヌノフグリ、コスミレも咲いていた。

ハコベの仲間はたくさんあるが、ミドリハコベだろうか?

A3248091w800


 
 

じつは、この写真は手持ちカメラ内8枚の写真の深度合成です。
現場で、自然光で、手持ちカメラで、これが撮影することができる。

8枚撮影の最初の1枚は、こんな写真です。

A3248083w800


 
 


これを、昆虫にも応用したいが、植物と違って動くので難しい。

深度合成が、どういう利用ができるのか試行錯誤中です。

何でもかんでも、深度合成すればよいとは思わないが、この簡単にできる利点を利用しない手はないと思っています。


ちなみに、データは以下の通りです。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
ISO感度1000、F5.6 1/2,500秒
フォーカスステップ 10

 
 


2017.03.15

足元のアオジ

以前、至近距離で水浴びをしていたアオジの♀がいたのを載せたが、今度は全く逃げない採餌中のアオジの♀がいた。

前の場所に近いので、もしかしたら同じアオジかもしれない。

地面の枯れ草をくわえているのだが、これが採餌なのかどうかよくわからないが。

A3106630w800


 
 

拡大してみると、こんな感じで次々と枯れ草をくわえる。

A3106629w800


 
 

食べてはいないようだがよくわからない。

A3106679w800


 
 

そして、こんなショットもあったが、くちばしの間の斜めのは舌だろうか?

A3106689w800


 
 

オスも近くにいるのだが、こちらは距離を置いてこの♀のように近寄らせてはくれない。

それにしても、踏みつけられそうになるとさすがに少し逃げるが、なぜこの♀はこんなに人を恐れないのだろうか?
 
 
   

2017.03.03

久しぶりのツミ

今日の午前中は風も弱く気温が上がり春らしい陽気となった。

尾根緑道を自転車でゆっくり鑓水の給水塔の方まで行くが、めぼしいものもなく長池公園の展望台に行ってみた。

ここでは、ぽっかり浮いた雲や、上空の西へ向かう飛行機を撮ったくらいで、帰ることにした。

その時、頭上をけたたましく叫ぶ鳥の声が後方から前方へ通り過ぎて行った。

捕まえた獲物を重そうに持って飛ぶ鳥が目に入り、少し前の斜面に降りた。

獲物を食べ始めたが、叫び声は相変わらず聞こえる。

急いで、標準レンズを望遠レンズに変えて撮影する。

A3036379w800


 
ツミの♀が、ムクドリを捕まえたみたいだ。

食べながらこちらを気にしている素振りだったが、さらに飛んで藪の中に入ってしまった。

ツミもそろそろ繁殖の準備に入るのだろうか?

 
 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31