« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の6件の記事

2018.07.31

南大沢を歩いてみると 6

前回の写真ですが、コメントでご指摘があったようにあるキャンパスの建物内ですが、なかなかない作りですよね。。

それは、南大沢駅から西へ少し歩いたところにある、ヤマザキ動物看護大学の最上階のホールです。

この大学は出来てから名称が何回かかわっていますが、今年4月に名称がヤマザキ学園大学から変わりました。

学園祭の時には中に入れるので、何年か前に行ってみた時の写真です。

首都大学や、中央大学のように巨大キャンパスではないので楽に見て回れるのがいい。

一本の大きなポプラがあって、いつか入って近くで写真が撮りたいと思っていたのが撮れました。

また、小動物と触れ合えるイベントがあったので子供たちも大勢来ていました。

 
 
 


さて、今日の写真は長い滑り台のあるユニークな公園です。

あまり行く人はいないかもしれません。

2858152419a2000w800


2018.07.28

南大沢を歩いてみると 5

今日は台風が接近するために、夏のイベントが延期や中止になったところが多いようです。
地元の夏祭りは明日に延期、八王子の花火大会は中止だそうです。
今まで経験のない、東から西への進路予想で、大雨になりそうですが、被害がなければよいのですが。
 


さて、前回の写真は、行ったことのある方もたくさんおられると思いますが、首都大学東京の国際交流センター内です。
ここには、ルヴェ ソン ヴェール というレストランが入っていて、ランチが1000円から食べられるのと、雰囲気がよいので気にいっています。
コンサート付きの特別ディナーがあることもあります。
キャンパス内なので駐車場はなく、駅から10-15分くらい歩くしかないのですが、のんびり構内を歩くのもよいのでは。
詳しくはネットでチェックしてみてください。

 
 
今日の写真のところに入った方は少ないかもしれません。
さて、次回の説明をお楽しみに。

7ab046860a2000w800


2018.07.25

南大沢を歩いてみると 4

先日は八王子でもついに39℃を越えた猛暑でしたが、何とも異常が異常でなくなるのは怖いですね。

出歩くのも面倒になります。
 


さて前回の写真ですが、この不思議な建物は最初に見た時に階段の上まで上がらなかったので、謎のままでした。
手前の階段をのぼり歩いて行くと左手の下方には室内プール、右手の下方には体育館が見えます。
ここは、首都大学東京の奥の方の、体育館棟の2階部分にあたります。
反対側から入ればすぐにわかるのかな。
何とも不思議な感じです。
 
 


今日の写真はこれです。

1p8203730a2000w800


急な夕立でガラスには水滴が・・・・

行ったことのある方も多いと思いますが?

次回更新時に説明いたします。

2018.07.24

南大沢を歩いてみると 3

前回の写真は、蓮生寺公園駐車場の隣のめがね橋です。

上は南大沢駅から京王堀之内駅へ行く見附橋経由のバス通りです。

駐車場から階段を降りるとこの場所の反対側に出ます。

ニュータウン通りから、ちょっとわかりにくいのですが、坂を上って京王線の下のトンネルを抜けて階段を上がるとここに出ます。

この日は青空に白い雲が流れ、並木のユリノキがきれいでした。


さて今日の写真は全く違って、工場のような研究所のような、何とも言えない不思議な建物です。

お分かりになりますか?

次回、紹介いたします。

4mb171792a2000w800


2018.07.21

南大沢を歩いてみると 2

前回の写真は、首都大学東京の正門わきの光の塔内部です。
この光の塔外壁の二つの日時計は皆さん見ていると思うのですが、ここにも不思議がたくさんあります。
何で15分くらい時刻がずれているのか?
8の字のリングは何を表しているのか?

そして内部にも仕掛けがいろいろあります。
正午に小さな穴から入る光の位置で季節がわかる。
大きな振り子時計がパイプオルガンを奏でる。(今は故障のようですが)

詳しくは、10年も前になりますが、以前のブログ記事を参照にしてください。 
  → クリック

さて、今日の写真はこれです。

3a4181257a800


 
 


どこだかお分かりになりますか?
この上を通ったことはあるかもしれません。

次回更新時に説明します。
お楽しみに。


2018.07.20

南大沢を歩いてみると

このブログも、2ヶ月半もの間更新をさぼってしまい、訪問していただいている方々申し訳ありません。
この期間、あまりに昆虫の写真撮影が面白く、どうしても「南大沢昆虫便り」ばかりにかかわってしまっていました。

ところで、異常気象が異常ではなくなったかのような、連日当たり前のように続く猛暑。
東京オリンピック大丈夫かと前から思っていたが、本格的に心配になってくる。
この暑さでは引きこもり状態が多くなってしまい、あまり写真も撮っていなかった。
その間、前から作りたかった南大沢の地域にこだわった簡易型のフォトブックを作ってみた。

南大沢に住んで30年余り、住みやすい街で気に入っています。
後書きにも書いたのですが、南大沢は大勢の人々が行きかう都会でもあり、うっそうとした森もある自然豊かなところでもあります。
そこで、「南大沢を歩いてみると」と題して、最近10年ほどで撮りためた31枚の写真を載せてみた。
まあ、このブログに載せた写真も多いのですが。
副題は、「これ、知っているよ! でも、これはどこ?」として、載せた写真を見て、南大沢にこんなところもあるの?と楽しんでもらう形である。
もちろん、誰でも知っているようなところも出て来るし、最後には一覧表も載せました。

A7209678w500


 
 

さて、この表紙の写真はどこだかわかりますか?
だいぶ以前このブログでも紹介したので、知っている方も多いと思いますが、南大沢に住んでいてもこんな身近なところの素晴らしい場所を、まだまだ知らない方も多いのではないかと思います。

Mc227872a2000w500


 
 


この写真の説明は次回更新時にという形でしばらく続けてみようと思います。

是非、お楽しみに!!


« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »