無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 南大沢を歩いてみると | トップページ | 南大沢を歩いてみると 3 »

2018.07.21

南大沢を歩いてみると 2

前回の写真は、首都大学東京の正門わきの光の塔内部です。
この光の塔外壁の二つの日時計は皆さん見ていると思うのですが、ここにも不思議がたくさんあります。
何で15分くらい時刻がずれているのか?
8の字のリングは何を表しているのか?

そして内部にも仕掛けがいろいろあります。
正午に小さな穴から入る光の位置で季節がわかる。
大きな振り子時計がパイプオルガンを奏でる。(今は故障のようですが)

詳しくは、10年も前になりますが、以前のブログ記事を参照にしてください。 
  → クリック

さて、今日の写真はこれです。

3a4181257a800


 
 


どこだかお分かりになりますか?
この上を通ったことはあるかもしれません。

次回更新時に説明します。
お楽しみに。


« 南大沢を歩いてみると | トップページ | 南大沢を歩いてみると 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 蓮生寺公園の脇の道ですね。公園へ行く時はほとんど車ですので、駐車場から下るとこの風景です。

こんにちは。ここも良く通る道です。ニュータウン通り方面から坂道を登り、階段を登ってこの下に来てひと休みです。

由木の住人さん、こんばんは。

南大沢を回られている方には、これは簡単でしたね。
でもこの写真は気に入っています。

多摩NTの住人さん、こんばんは。

ニュータウン通りから入るのは割合見つけにくいですね。
電車からも見られると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南大沢を歩いてみると | トップページ | 南大沢を歩いてみると 3 »