無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 南大沢を歩いてみると 20 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 22 »

2018.09.13

南大沢を歩いてみると 21

前回の写真は、長池公園の築池側より姿池と長池見附橋を撮影したものです。

19a9245095a2000w800_2

 


ここは空が大きい、電柱がないなどとても気持ちがよい景色なので、良く撮影します。

夜の星や、コウモリの飛翔などを撮影することもあります。

さて、この長池見附橋ですが、ご存知の方も多いと思いますが、以前の四谷見附橋を移築したもので、1993年(平成5年)に完成しました。

長池公園自然館に「多摩ニュータウン 四谷見附橋再建工事誌」という本があり、これに詳細が載っています。
また、橋のたもとや、姿池の一番下流にも説明の石碑等があります。

四谷見附橋は、1909年(明治42年)に完成した赤坂離宮(現在の迎賓館)のデザインに合わせた美しい装飾の上路式鋼製アーチ橋として1913年(大正2年)に竣工ししました。

その後交通量増加等で、1987年(昭和62年)から架け替えの工事が始まりました。

旧四谷見附橋は、資材の一部を利用して長池公園内に移築復元されることになり、長池見附橋となりました。

「多摩ニュータウン 四谷見附橋再建工事誌」にあった、1993年(平成5年)完成時の写真がこちらです。

P9100246w800

 
 
まだ道路も整備されていない、近隣の団地もできていない、長池公園も開園していない時に橋だけ完成していたのです。
長池と築池は、はるか以前からありました。

反対側から見た写真も載っていました。

P9100249w800

 
 
長池小学校のあたりはまだ何もできていない頃ですね。

この長池見附橋は、四谷からすべて移築したのではなく、灯篭のような照明等は新規に作られたようです。
 
いずれにしろ、解体の危機もあったようですが、ここに再現されて良かったと思います。
 


 
 
さて、今日の写真はこちらです。
後の団地風景は特徴があり、スミレがたくさん咲く交差点として知る人ぞ知るところです。

17q4119143a3za2000w800


« 南大沢を歩いてみると 20 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 22 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、

25年前、長池見附橋があって、周りは、ほんと開発前だったんですね。
貴重な写真見せていただき、ありがとうございます。

昔、尾根幹が整備されていないころ、南大沢霊園のそばを通って山道から、多摩センターに行っていましが、
先日、ふと、行ってみたんですが、その道は、なくなっていました。
この20年ぐらいの変化は、大きいですね。

こんにちは。昔の写真はとても興味深いです。堀之内側は早くからマンションなどができていたのですね。よくこんなところに見附橋を移築することを思いついたものです。
スミレの交差点は毎春の楽しみですね。少しずつ場所が移動しますが、最近は少なくなったような気もします。以前は写真正面の4本の赤いポール下に大群生していました。

attsu1さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
昔の写真を見て、今と比べるのは好きなのです。
今撮影しているのも、将来は記録になると思っています。
尾根幹線の古い道は一部が、旧米軍アンテナやタマホームの辺りに残っていますね。

多摩NTの住人さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
最初はこの景色少し違和感があったのですが、時間が経ってただのコンクリートの橋よりも断然いいと思うようになりました。

草刈りの時期もあるかと思いますが、交差点のスミレは少なくなりましたね。

 この交差点の中央分離帯にもスミレが沢山あったのですね。スミレもこういう画像も好きだなあ~。
 ここにスミレがあると知って、この画像の左上辺りに沢山あったスミレは確認したのですが・・・・

 過渡期の多摩ニュータウンの風景を、長池見附橋を、良く画像で残されておられますね、とっても貴重です。

 上柚木も由木街道(柚木街道)のバイパスや大栗川の改修前、その場所はずっと続く田んぼの風景でした。また、ニュータウンになった場所も昭和40年代は雑木林に民家がほんの少し点在するだけのステキな丘陵でした。

 私は風景の画像を残さず、手元で育っている子供たちばかり写しておりました。ちょっと残念でした。

 上柚木の風景もどこかに画像が残っているのでしょうか。

古い写真は面白いですね。開かれた歴史がわかる。
どこもまだ緑ばかり。これは航空写真ですかね。
今、我が家から多摩美あたりもどんどん造成され
景色がみるみる変わっています。
すみれ画像、ワイドでまるで別の所みたい。
左上の二番街(写真の棟のもうひとつ左)に住んでいました。
懐かしい。…と言ってもよく通りますが。

由木の住人さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
スミレの交差点については次回詳しく書きますね。

南大沢に住んで30年位ですが、その前の写真が見たいのでいろいろと探しています。
ニュータウンの記録はパルテノン多摩で収集していますので、そこでも見られます。
航空写真は国土交通省のも見ることができます。
大栗川が蛇行している田園風景の写真が見たいのですが、なかなか見つかりませんね。
もし、入手出来たら是非見せてください。

緑の惑星人さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
自分が開発されたニュータウンに住んでいて、開発前を懐かしむのもどうかと思うのですが、40年ほど前の家不足の時と今の空き家増加中の時では考え方も変わってきますね。

スミレの交差点は、魚眼レンズで撮っているので足元が曲がっていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南大沢を歩いてみると 20 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 22 »