2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の4件の記事

2019.07.26

南大沢を歩いてみると 2 その4

今回の紹介するところはこの写真です。

13a2180708a3w800

 

まるでコンクリートの山の様にも見えます。

突然工事が始まり、看板には土砂崩れ防止の工事とあり、木を伐採して山の傾斜をやや緩やかにして、最後にコンクリートではなくメッシュ状のシートのようなものを被せて終了でした。

これが今年の2月ですが、何とも不思議な感じがして、この山はどうなるのだろう。

 

ずっとこのままかと思っていたら、今はこんな山です。

でもフェンスで囲われて入ることはできません。

A7177808a3w800

 

どうもこのシートには草の種が植え付けられていたようで、春になると一斉に草が生えてきてこんな山となりました。

法面緑化の、こういう植生シート、ネット、マットというのが製品化されているのですね。

 

ここは、長池公園の南西側の、ミニストップがある交差点の西側の都有地です。

以前はびっしり樹木がありましたが、そのころの写真が見つかりません。

2017年に伐採が始まったころはこんなです。

A2215642w800

 

30年ほど前は、アナグマやノウサギがいるような山で、タラの芽もたくさんとれました。

そのころ小さな看板のようなものがあって、「モノレール車庫予定地」と書いてあった。

いつの間にか看板は「消防署予定地」となり、その看板もなくなってしまった。

今は、もう何年も前から売地となっている。

ここを反対側からですが、上から見た写真ですが、これは2015年です。

M9024111w800

 

そして現在はだいぶ伐採されています。

A7268705w800

 

中央やや左上に、ミニストップが見えるようになり、その向こうに長池公園が続き、さらには尾根幹線の向こうの上小山田が続いています。

南大沢や別所の南東側はずっと緑が続いております。

 

 

 

 

 

 

2019.07.14

南大沢を歩いてみると 2 その3

今回はこんな眼があるところです。

これも、最近まで知りませんでした。

12a3182636a32000w800

 

 

もうすこしひいてみると・・・、大きな建物の上部からのぞかれているのがわかります。

A3182639a3w800

 

 

ここは下柚木の野猿峠に近い大学セミナーハウスです。

この大学セミナーハウス本館の建物は有名で知っていたのですが、この眼は知りませんでした。

11a8260700a32000w800

 

 

何ともユニークな建物で、日本の近代建築20選に選ばれているそうです。

この本館の裏側(野猿街道側)から眼が見えます。

受付で申し込むと内部や敷地内も自由に入れますので、たまには中を散策するのもいいですよ。

内部もユニークですし、他にも奇妙な建物がいくつもあります。

樹木も多く、樹木マップももらえました。

 

 

 

 

2019.07.11

南大沢を歩いてみると 2 その2

前回に引き続き、2回目の写真はこれです。

32a3142408a32000w800

  

 

前回は大きなモニュメントでしたが、今回はかわいい小さな石像です。

南大沢界隈にはこのような動物の石像がいろいろ見られます。

以前のナマズだったり、タヌキだったり、でもこれは最近まで知りませんでした。

車や自転車で何年も通ってきた道沿いですが、小さいのとちょっとだけ奥にあるので気が付かなかった。

場所は松木中学校の隣の別所くすのき公園の入り口です。

A3142399w800    

 

題名は「家族」です。

 

 

2019.07.06

南大沢を歩いてみると 2  その1

昨年の今頃「南大沢を歩いてみると」と言うフォトブックを作成し、その内容をこのブログでクイズ形式で載せました

今回、写真展に合わせて「南大沢を歩いてみると 2」を作成し、一部を写真展で発表しました。

A7037033w600

 

この中の写真を順に載せていきたいと思います。

ここでいう南大沢は、住所で言うと南大沢、別所、鑓水、上柚木、下柚木そして一部隣接した町田市、多摩市を含んでいます。

 

最初の写真は、この表紙の何とも不思議なものです。

Ab034086a3w800

 

今回は、もう発表したフォトブックなので、どこのどんなものか全部説明していきます。

 

これをもう少しまわりも入れて撮影するとこんなところです。

Ab034088w800

 

ステンレスでしょうか、鏡のような柱に載った大きな石は数mはあります。

高さが、人の身長の2~3倍あります。

 

実はこの手前の道路はバスが通り、左側に多摩美術大学の正門前のバス停です。

ここはモニュメント広場でこんな説明がありました。

Ab034082w800

 

まあ、何とも大きなモニュメントです。

何度も学園祭の時に行っていましたが、橋本に近い裏門から入っていたので、このモニュメントには昨年秋に初めて気が付きました。

 

写真展の時に、「この石は本物ですか?」と聞かれましたが、さて??

聞かれるまで本物だとばかり思っていましたが、、確かにこんな大きな本物なのかと疑問がわいてきた。

大学に問い合わせたら「本物です。」とのことでした。

倒れることはないようにしっかりと作成されているようです。

 

次回以降もお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »