2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 写真展終了しました | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その2 »

2019.07.06

南大沢を歩いてみると 2  その1

昨年の今頃「南大沢を歩いてみると」と言うフォトブックを作成し、その内容をこのブログでクイズ形式で載せました

今回、写真展に合わせて「南大沢を歩いてみると 2」を作成し、一部を写真展で発表しました。

A7037033w600

 

この中の写真を順に載せていきたいと思います。

ここでいう南大沢は、住所で言うと南大沢、別所、鑓水、上柚木、下柚木そして一部隣接した町田市、多摩市を含んでいます。

 

最初の写真は、この表紙の何とも不思議なものです。

Ab034086a3w800

 

今回は、もう発表したフォトブックなので、どこのどんなものか全部説明していきます。

 

これをもう少しまわりも入れて撮影するとこんなところです。

Ab034088w800

 

ステンレスでしょうか、鏡のような柱に載った大きな石は数mはあります。

高さが、人の身長の2~3倍あります。

 

実はこの手前の道路はバスが通り、左側に多摩美術大学の正門前のバス停です。

ここはモニュメント広場でこんな説明がありました。

Ab034082w800

 

まあ、何とも大きなモニュメントです。

何度も学園祭の時に行っていましたが、橋本に近い裏門から入っていたので、このモニュメントには昨年秋に初めて気が付きました。

 

写真展の時に、「この石は本物ですか?」と聞かれましたが、さて??

聞かれるまで本物だとばかり思っていましたが、、確かにこんな大きな本物なのかと疑問がわいてきた。

大学に問い合わせたら「本物です。」とのことでした。

倒れることはないようにしっかりと作成されているようです。

 

次回以降もお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

« 写真展終了しました | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。多摩美大はその周りを走ることはありますが、近づいたり中に入ったことはありません。本当の石とはすごい作品ですね。

多摩NTの住人さん、こんにちは。

ここはバス停の隣なので誰でも入ることができますよ。
一度、立ち寄ってみてはいかがですか。

 これって近くで見たらぎょっとしますね。触ってみたいのに、近くへは寄りたくないような。2011年だったか、由木地区のウォーキング大会の時見ました。

 多摩美大は郷土の福沢一郎画伯が居られたという事で興味がありました。

由木の住人、こんばんは。

平気で真下まで行っていましたが、考えたら怖いですね。

多摩美出身で、いろいろな方面で活躍している人は結構いますね。
鑓水や上柚木で下宿している人もいるみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真展終了しました | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その2 »