2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 南大沢を歩いてみると 2 その7 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その8 »

2019.08.21

講演会 生き物から見た多摩ニュータウン

先月、Sさんから「健歩の会」8月例会に招待された。

暑さの8月は外の観察会ではなく、小林健人さんの「生き物から見る多摩ニュータウン」という講演会。

案内状の「生き物たちの 目線で街の自然変遷を振り返るとともに、彼らともっと仲良くなるためのヒントをお話させていただきます。」とあるのもいい。

会場は、初めて行く所帯数も多い大きな団地の集会所の視聴覚室だが、これが立派である。

小さなミニ体育館のようなものもある。

 

さて講演会だが、40名くらい集まっていただろうか。

講師の小林さんは長池公園副園長で、NHK学園の講師もされている。

植物や野鳥に詳しく最近は昆虫も詳しくなりつつあるようで、十数年前からの知り合いだがさまざまのことを教えてもらっている。

でも、こうして講演を聞くのは初めてである。

 

自己紹介の後、いきなりこんな写真が映し出された。(クリックでやや大きくなります。)

201908w800

 

そして一言、「この写真で2時間ほど話しができます。」というので、はて、何のことやら。

これは面白い入り方で、聴いている人も???でしょう。

 

これは、多摩ニュータウンで撮られた、道路に歩道橋がかかって建物が見える普通の写真です。

 

次に、この写真で何がわかりますかという質問。

場所は、アウトレットの駐車場が見え、高層マンションが見え、よく見ると欅歩道橋とあり、首都大正門から南大沢5丁目に向かうところとわかってきます。

季節は?、時刻は?、天候は?といろいろとわかってきます。

 

でもこれで2時間話しをするのは難しい。

 

この写真は昼間ですが、夜になると、人の往来も車の量も減り静かになる。

すると、なんとタヌキが現れるという。

それも人には見られないように、歩道橋の真下とか中央分離帯を利用して。

他の哺乳類も出ることがあるという。

首都大の構内にはいろいろ哺乳類も見られ、数年前にはイノシシも捕獲されたし。

それなら2時間くらい話せそうだ。

 

でも実際は、この写真で2時間ではなく、何十枚の写真を使って2時間では話しきれないほどの内容だった。

 

多摩ニュータウン開発で失われたみどり。

多摩ニュータウン開発が生み出したみどり。

私有地と公有地のみどりの違い。

等々の話の中で、二つ記憶に残った。

多摩ニュータウンの中のみどりはほとんどが公有地となり公園や緑地として保存された。確かに私有地のままでは所有者の考えで緑地でなくなるかもしれない。

また、造成の際に山を崩して谷間を埋めて表土がなくなるやり方ではなく、表土を剥がして保存し、造成後に貼りなおす表土保全という技術を使っている。これにより、明らかに造成された団地の斜面などに、とんでもなく珍しい植物が見つかったりする。

 

このほか、この地域の珍しい動物、植物、野鳥を紹介してもらった。

 

自分のブログや写真展のテーマは、「多摩ニュータウンの南大沢に今住んでいるが、この場所は人間だけのものではなく様々な生き物が暮らしている。」ということなので、今回の講演は共通するところも多く大変参考になりました。

小林さんとSさんに感謝します。

 

 

 

 

« 南大沢を歩いてみると 2 その7 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その8 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。小林さんの講演会があったのですね。それは聞きたかったです。小林さんにはいつも色々と情報をいただいております。ランニング中にバッタリ出会ったこともありました。欅歩道橋の下にタヌキの置きフンがあるというのは以前聞いたことがあります。数年前の夜に南大沢八幡神社付近でイノシシを見掛けたこともありました。南大沢は自然豊かで良い街ですね。

 小林さんは楽しい方ですね。お話をしてみたら、お名前を存じ上げる前の2009年に観察会でご一緒していた事をと知りました。
 由木西小でも子供たちを相手に楽しい観察会の講師をされておられました。ひとつの物を見て、連想が広がる、という観察会です。 最近では長池公園で5月末の「写真展」の時、ちょっとお喋りしました。「長池公園の野鳥」も大事にしております。

 小林さんの講演会、興味があります。

多摩NTの住人さん、こんにちは。

イノシシ見かけたのですか?
大学構内にイノシシ注意の看板があった頃、見たいと思っていたのですが、残念ながらかないませんでした。
一体どこからきたのだろう。

南大沢は生活には便利だし、ちょっと歩けば信じられないくらいの生き物に出会えますね。

由木の住人さん、こんにちは。

小林さんは植物は専門家ですね。
観察会も色々やっているし。
「長池公園の野鳥」には、何点か写真使ってもらっています。

面白そうな講演会ですね。特に土の話。聞いてみたかったです。
写真はよく見かける橋。以前は二番街に住んでいたので尚更です。
タヌキ、中大付近では見ましたが、南大沢地区でははまだ。
イノシシも、ハクビジンも見たことが無い。どこで寝てるんでしょうね。

緑の惑星人さん、こんばんは。

タヌキは偶然見かけるのは滅多に無いですね。
大平公園で以前見たことがありますが。あとは交通事故のタヌキやアナグマは見ましたけれど。

夜探しに行くか、夜間自動撮影カメラで撮影するかでしょうね。
中山辺りの畑では結構荒らされるようなので色々いそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南大沢を歩いてみると 2 その7 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その8 »