2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 南大沢を歩いてみると 2 その9 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その11 »

2019.09.26

南大沢を歩いてみると 2 その10

今日の写真はこれです。

18a1278294a32000

 

大きな石がごろごろとあり、向こうの広場では子供が凧揚げをしています。

 

そして少し角度を変えてみると、こんなです。

A1278323w800

 

民家の庭先で隣にはビニールハウスがあり、大きなマンションも見え、遠くに丹沢の山々が見えます。

実は、前回は飛鳥時代でしたが、今回はさらにさかのぼり縄文時代後期の田端環状積石遺構と言われる場所です。

そこにはこんな説明版がありました。

(写真をクリックすると少し大きくなります。)

A1278320w1000

 

 

町田市のホームページでは次のように説明されていました。

1968年、畑を耕作中に偶然発見された、縄文時代後期から晩期(約3500年から2800年前)の墓地・祭祀場です。30基の墓からなる集団墓地が形成された後、その上に9×7メートルの環状積石遺構(ストーンサークル)が作られました。現在は実物を埋め戻して保存し、その上にレプリカで遺構を復元しています。
京王相模原線多摩境駅から徒歩5分、日本で最も駅から近く、また都内では唯一見学できる縄文時代のストーンサークルです。
この遺跡からは、境川対岸の相模原台地、そのはるか後方の丹沢山地や富士山も見渡すことができ、また冬至の日没時には丹沢山地の蛭ヶ岳山頂部に太陽が沈む様子が見られます。

 

偶然発見とは、畑の大根がみな曲がってしまうので掘ってみたら大きな石がごろごろ出てきたと、何かに書いてあったが、本当かな?

 

多摩境駅から多摩ニュータウン通りに出て、町田街道の方へ下って行くと右側にこんな案内板があります。

Ac276889w800

 

大きなものではありませんが、天気の良い丹沢の見える日に行ってみるのも楽しいですよ。

 

 

 

 

« 南大沢を歩いてみると 2 その9 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ここは4年前に新聞の地方版か何かで知り一度行ったことがありました。縄文の頃は高い建物などなく、丹沢や富士山が間近に感じられたのではないかと思います。

町田市の立派な歴史遺産ですか。
レンズや撮り方のせいもあるでしょうが、1枚目は広大に見えますね。
埋め戻し方法がちょっと気になります。

多摩NTの住人さん、こんにちは。

そうですか、新聞に載っていましたか。
この地域には何百と遺跡がありましたが、レプリカでも見られるのはわずかですね。
丹沢はよく見えたでしょうね、高圧線も高層ビルも無かったので。


緑の惑星人さん、こんにちは。

1枚目は超ワイド、フィッシュアイレンズです。
何回も行っているので全部同じ日ではないですよ。
多摩丘陵は縄文の時代から人は住んでいた、ということは住みやすかったということですね。

 昨日、町田市田端環状摘石遺構の確認に行って来ました。近くの方に声を掛けると入口を教えて頂けました。その上、お庭に車を置かせて頂けて有難かったです。近場の探検もいいものですね。近辺はヒガンバナが見頃でした。

 三ツ目の方は公園の位置を確認出来ました。忘れない内に行ってみたいと思っております。

由木の住人さん、こんにちは。

そうですね、近場でも初めての所は面白いですね。
ここは、駐車場が無いので車では行けない所ですが、駐車させてもらえて良かったですね。
三つ目の公園にも是非行ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南大沢を歩いてみると 2 その9 | トップページ | 南大沢を歩いてみると 2 その11 »