« 写真展「南大沢の櫻」 公開 | トップページ | ツミ 幼鳥 »

2020.07.13

ツミ

 

3か月もの間更新していなかった。

何でもかんでも新型コロナのせいにしたくないが、ゴールデンウィークの頃は外出もできなかったので、写真もあまり撮れなかった。

でも人と出会わない緑地で昆虫は少し撮っていたのですが。

 

やっと感染者が落ち着いて来たと思ったら、最近また急に増えてきて、この調子ではかなり長い間こんな生活が続きそうである。

 

 

南大沢地域で、タカの仲間のツミが毎年何つがいか繁殖するが、今年は比較的近いところだった。

6月の終わりころに小さなヒナが見られたので、7月中旬過ぎには巣立ちかなと思っていた。

 

このところ天気が良くなくて見に行けなかったが、今日通りかかると、ヒナは巣立ってしまって元気に飛び回っていた。

それではと、自宅に戻ってカメラを持っていくとヒナは高いところに隠れてしまい、片足を上げた母親だけが撮れた。

 

A7139611w800

 

 

 

まだ近くでヒナを見守っているようだ。

 

A7139616aw800

 

 

ヒナ数羽も一瞬見られたのだが、写真を撮ることはできなかった。

 

これからものんびり更新していきます。

 

 

« 写真展「南大沢の櫻」 公開 | トップページ | ツミ 幼鳥 »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真展「南大沢の櫻」 公開 | トップページ | ツミ 幼鳥 »