無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 上柚木公園の秋 | トップページ | 十月桜?? »

2021.11.06

シンテッポウユリの種

 

最近急激に数を増やしているのが、シンテッポウユリでこんな状態で真夏に咲きます。

 

P8131433w800_20211106204001

 

 

 

今までも何度かここでも取り上げましたが、昨年の記事はこちらです。 → クリック

 

どうしてこんなに増えるのかと不思議に思っていた。

 

どうやら、種を大量にまくということなので、どんな種なのか見たいものだと思った。

 

今年も8月頃にいつものように咲いたのですが、その後9月15日には花も終わり実が付いていた。

 

P9159692w1000

 

 

この状態がかなり長く続き、やっと10月24日にこの実の先端が少し割れてきた。

 

Ba243238w1000

 

 

 

 

先に種がのぞいているので、少し取り出してみると何とも薄く、これなら風に乗って遠くまで飛びそうだ。

 

Ba243243w1000

 

 

 

 

10月28日には裂け目が大きくなり、先端部分の種は飛び出してしまっている。

 

それにしてもこの薄さでびっしり入っているので、相当な数である。

 

そして11月2日には、上の写真の実はすべて種が出ており、右の次の実も種をまき始めて下の方にわずかに残っているだけだった。

 

Bb024323w1000

 

 

 

こんなのが至る所にあるので、まかれた種の数は大量である。

 

来年も沢山の花が咲きそうだ。

 

ほかのユリはこんなに種はつかないのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

« 上柚木公園の秋 | トップページ | 十月桜?? »

自然」カテゴリの記事

野草」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お久しぶりです。

シンテッポウユリでしたか、いつ頃でしたか定かではありませんが、1/3くらいになっていたカラカラ種を見つけました。

タカサゴユリの小型のものかと思っていましたが、シンテッポウユリというのもあるんですね。

最近のものには、とんと疎くって勉強になります。

ユリは種でも増やすことができますが、とても時間がかかります。普通は球根にして育てますが、

台湾の高砂族の居住区にタカサゴユリというテッポウユリによく似た二年草があります。

この改良種がシンテッポウユリなのでしょう。二年草なので二年すると無くなってしまうので、大繁殖にはいたらないよ

うです。聞きかじりですが、、、間違っていたらあしからず。

ろーずまりーさん、こんばんは。
お久しぶりです。

シンテッポウユリはテッポウユリとタカサゴユリの交雑種のようです。
南大沢では、車道と歩道の間や住宅地の中、公園の縁など至る所で見られます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上柚木公園の秋 | トップページ | 十月桜?? »