無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ダイサギ | トップページ | オオタカ »

2022.03.04

この鳥は?

 

この鳥は何だかわかりますか?

 

B2173458w1000

 

 

野鳥を見始めたのは、35年前だろうか?

日本野鳥の会東京支部に入って、多摩川、高尾山、多磨霊園、明治神宮と色々なところの探鳥会に行ってだんだんと野鳥の名前も覚え、友人も沢山出来た。

やがて、遠出探鳥会の富士山麓、伊良湖崎、伊豆沼、北海道へのフェリー探鳥会などにも参加する頃にはスコープや双眼鏡ももそろえ、やがてスコープにコンパクトデジカメをつけてデジスコ撮影を始めた。

そんな時、多摩市の多摩川と大栗川合流点に毎年ヤマセミが現れるようになると、どうしてももっと良い写真が撮りたくなってきた。

そして当時のフィルム一眼レフカメラと500mm望遠レンズを手に入れた。

そして、初めて撮ったのがこの鳥だったので、とても思い入れがあり、今でもいちばん好きな鳥である。

 

 

この鳥は、ジョウビタキのメスです。

 

B2173410w1000

 

B2173361w1000

 

 

何故か、この顔がいい。

 

デジスコやフィルムカメラに比べると、今のデジタル一眼やミラーレスによる野鳥写真はなんとも楽になり、写真の出来もけた違いである。

うまい人は以前のフィルム時代にもたくさん良い写真を撮っているが、自分の写真はピントの甘い証拠写真ばかりである。

考えてみれば、ピントは全て手動で、36枚でフィルムがなくなるので連写なんてめったにできない。

今は、高速連写にプロキャプチャ、追尾フォーカス、それに一枚ごとでもISO感度が変えられるなど以前では考えられない機能で、使いこなせているのかと自分に聞きたくなる。

マイクロフォーサーズのミラーレスにしたら、望遠レンズでも超軽量で、800mm相当で撮っているが、三脚を使ったことがない。

もっとも、最近は野鳥撮影の比率は減って、地元の昆虫や草花、風景等写真撮影を楽しんでいる。

以前のように遠出はしないが、地元でも撮影しきれないくらいの被写体に恵まれているのがとてもいい。

 

 

 

 

« ダイサギ | トップページ | オオタカ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ジョウビタキは可愛いですね。私も好きな野鳥ですが、それを撮るとなると私の技術では難しいです。先日、見掛けましたがすぐに逃げられました。

多摩NTの住人さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ジョウビタキ、特にメスが好きですね。
今年は家の周りでも見られます。

ご無沙汰しています。私も最近、野鳥を撮り出しました。昆虫がいないのと、100~400mmのレンズを買い、2倍になるリングを付けて撮っていますが、都会には野鳥が少なく、カラスなど捕っています。笑 しかし、スズメガいなくなりましたね。どこに行ってしまったのだろう?今度、機会がありましたら、いろいろ教えてください。FBにはよく載っけています。

テントウムシさん、こんばんは。
徘徊とはいえ1万歩とは結構歩いていますね。
鳥は撮影結構大変ですが、井の頭辺りはどうですか?
都会を通る渡り鳥は森のある所に立ち寄るので、かえって集中する時もあります。
府中の森、深大寺、明治神宮などもいいですよ。

体形がコロコロしていて可愛いですね。縁のある鳥でしたか。
確かに写真・カメラ等の性能向上は凄まじいですね。
昨日、調布パルコでフイルムが売っているのを見ただけでも
もう懐かしかったです。
高倍率ズームレンズが最近欲しくなってきました。
鳥は難しいですが、月とか遠くの景色狙いで。

緑の惑星人さん、こんにちは。
レンズは超広角から望遠まで使い分けて楽しんでます。
全部は持って歩けないので、しょっちゅう「失敗した、あれ持って来れば良かった!!」です。
でも手持ちのレンズでどう撮るかも楽しんでます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイサギ | トップページ | オオタカ »