無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2023年3月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年4月の3件の記事

2023.04.28

ジャケツイバラ 2023

 

長池公園のジャケツイバラが昨年初めて咲いたが、今年は昨年の2倍くらいの花がついている。

 

今年はいろいろな花が咲くのが早いと言われたが、この花は大体昨年と同時期のようだ。

 

(写真をクリックすると少し大きくなります。)

B4275652w800

 

B4275647w800

 

B4275649w800

 

 

 

まだ蕾もあるのでもう少し楽しめそうだ。

 

ここのジャケツイバラは、御殿峠にあったのを移植したと聞いている。

 

高尾に行くとあるが、このあたりではほかに見たことがない。

 

尾根幹線口の駐車場からやまざと広場へ出る右側だが、上を見上げないで気が付かないまま通り過ぎてしまう人がいるのはもったいない。

 

 

根元にはこんな表示があり、大きなとげがびっしり。

 

B4275655w800

 

 

昨年の記事はこちらです。→ クリック

 

 

2023.04.15

トモエガモ 滞在記録 2022-2023 

 

2年ぶりに来たトモエガモは、思いがけず長期滞在してくれたので、遅くなってしまったが記録として残したいと思います。

今までにも、何度か載せたのですが、その滞在記録です。

 

 

以前は3月上旬に北へ帰ってしまったが、今年はその時期になっても9羽ほど残っていた。

 

冗談で、サクラの花でも見て帰るのかなあと言っていたら、本当に桜が咲くころまでいてくれた。

 

 

 

最初に確認したのがまだ紅葉の残る12月3日で、多分オスメス各2羽、計4羽だったようだがまとまった写真は撮れなかった。

 

Bc037070w800

 

 

 

最初は警戒心が強かったが、12月25日になると4羽はだいぶ慣れたのかカルガモやマガモと一緒にいるようになった。

 

Bc257834w800

 

 

 

1月11日に行くとメスが1羽増えて合計5羽になっていたが、メスが1羽ちょっと離れたところにいて一緒に撮影できなかった。

 

新規加入者はすぐに仲間になれないのだろうか?

 

B1118112w800

 

 

 

1月21日にメスが1羽増えて4羽、オスは2羽の合計6羽。

 

その後1月25日にオス1羽、2月5日にオス1羽、2月14日オス1羽、2月16日メス1羽と1羽づつ増えてついに合計10羽になった。

 

B2199115a3aw800

 

 

その後3月上旬まで10羽のままだったが、3月11日にメスが1羽いなくなった。

 

さあそろそろいなくなる時期だと思っていたが、その後この9羽は中旬を過ぎても残ったままであった。

 

3月11日のシルエットの9羽。

 

B3112373w800

 

 

 

3月17日に行ってみると、ついに見当たらなくなっていた。

 

ついに帰ってしまったか?と思ったのだが、一番見にくい岸のブッシュに隠れて2羽残っていた。

 

やがて2羽仲良く泳ぎ始めた。

 

B3172977pw800

 

 

実は、このメスは10羽一緒にいる頃から気になっていた。

 

眼の上が白く非常に目立ち、他と区別がしやすかった。

 

羽根や顔付きで、個体識別出来ないかと思っていたのだが、なかなか難しく唯一このメスだけはわかった。

 

このことは別途できれば書きたいと思う。

 

 

この2羽はいつまでいるのだろうと思っていたら、本当にキブシが咲いてもまだ残っていた。

 

B3203116a3w800

 

 

 

さらに桜が咲いて池面に花びらが浮いている中を泳いでいた。

B3243546a3w800

 

 

 

3月25日に春休みなので野鳥を見に行きたいと言っていた小学生がいたのだが、まさかそこまではいないだろうと思っていたら、そのまさかであった。

 

B3253608a800

 

 

 

結局27日が最終確認日であった。

 

以前は日本海側に多く、太平洋側には来なかったトモエガモだが、最近はこちらにも飛来が増えた様なので、さて来年はどうなのだろうか。

 

おかげで今年はだいぶ楽しませてもらったが、ここが気に入ってまた来てくれるといいのだが。

 

 

(毎日見に行ったわけではないのと、割合警戒心が強く隠れていたので数は若干正確ではないのですが、およその記録にはなると思います。)

 

 

 

 

2023.04.08

フデリンドウとコケリンドウ

 

数年前から、緑地のはずれにフデリンドウが見られるようになったが、今年は20株くらい出ている。

 

気を付けないと踏んでしまいそうだ。

 

B4054128w800

 

B3303820w800

 

 

そういえば、コケリンドウもそろそろ出ているかもと、今日午前中に見に行った。

 

以前は鑓水の田んぼまで見に行っていたが、この近くにもあることを昨年知った。

 

確かこの辺りとゆっくり見て行ったがない。

 

帰りには更にゆっくり見て行ってやっと見つけた。

 

B4084201w800

 

 

 

この中に4株ほどあるが、とても小さいし、桜の花びらなどにまぎれ見つけにくい。

 

B4084204w800

 

B4084209w800

 

 

 

 

フデリンドウより小さく、花びらや葉が違う。

 

今は住宅地の中だが、以前はこの辺りも田圃だったのだろう。

 

まだ知らないところでひっそりと咲いているかもしれない。

 

 

 

 

« 2023年3月 | トップページ | 2023年7月 »