2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2018.04.22

ハンカチノキ

昨日、今日と暑い一日となった。

やはり今年の花の盛りは早く、毎年のようにゴールデンウィークに撮影しているハンカチノキの花も咲き始めた。

A4221948ww800

 
 

それも、7年ほど前の沢山咲いた時よりも多い数百の花をつけ、見事である。

A4221966ww800


A4221958ww800

 
 

ここは、団地の中のバス停から見下ろす斜面にある。

A4221938www800


 
 

南大沢近辺では、他に見ることができない木なのであるが、ほとんどの人は気づかないのか、見ることもなく通り過ぎている。
下の歩道から見上げることもできる。
 
A4221925w800
 
 


やや小さな花や開ききっていないのもあるので、明日あたりが満開になるのだろうか?


2018.04.01

南大沢の桜めぐり、そして野川のライトアップ桜。

今年は桜の満開が今までで最も早い年らしい。

いつも大きなシダレザクラ、長池公園バス通りの陽光、ソメイヨシノと順に咲いていくのだが、今年はほぼ同時見ることができた。
そのために、この土日が見頃だが、南大沢周辺の桜まつりは来週に設定されているところが多く、散ってしまいそう。

南大沢で今まであまり撮っていないようなカットをと、サクラを撮り歩いてみた。

A3297702w800_3


 
P3270076w800_2


 
A3308061w800


 
A3308051aw800


 
A3308023w800


 
A3318976w800


 
 
まだまだヤマザクラ、ヤエザクラは楽しめそうです。
後半があるので、詳細コメントはカットとします。
 
 

ところで、毎年気になっていたのですが、混雑がすごいと聞いて行く気がしなかったのが、野川の桜ライトアップ。

しかし、テレビで紹介されてますます込みそうな感じで、これでは狭い場所なのでひょっとして来年は出来るのかなんて思い、急遽行ってみることにした。

ここは、照明専門企業がボランティアで行っているということで、どんなやり方でやっているのか、どういう照明で他とどこが違うのか気になっていた。

いつやるのかは2日前に決まるということで、今年のように極端に早い開花でも対応できて、30日に18:00から3時間だけ実施された。

17時に着くと、満開の桜はライトアップされなくても十分きれいだ。

A3308523w800


 
人出も思ったよりは多くなく、照明のセットは完了していて、スタッフ、警備の人、景観、ボランティアの方はものすごい数。
初めてなので、ゆっくりと回ってどこがいいのか探してみる。

照明は大型発電車4台を使い、太いコードで配線し、大型照明器は数えきれないくらい。
コードのカバー、地下配管用の丸いでっぱり等もテープで保護してつまずかないようにしたり、安全面にかなり気を使っているのは今までのノウハウか。

A3308527w800


コースは一方通行で、注意看板も各所にありました。
しかし、一切主催者名などがないのが何とも不思議。
すべてボランティアで成り立っているようです。
 

A3308531w800


そして、17:30過ぎるとまだ明るいが早くも照明にスイッチが入った。
 
A3308549a2000w800


 
徐々に人が増えてきて、18:00過ぎると一方通行が始まった。
空も暗くなり始め、それから40分くらいかなり撮影してしまった。

A3308611a2000w800


 
A3308631a2000w800


 
A3308657a2000w800


 
いよいよ混んできて渋滞が始まったので、切り上げることにした。
駅までの道は続々とこれから行く人の列が続いていたが、19:00過ぎはすごい混雑だったと思う。
でも、毎年の経験でうまく警備しているのだろう。


ライトアップということで、暗くなってから来る人が多いが、やはり日没後30分くらいまでがきれいに見えて写真も撮りやすいですね。

これだけ情報が氾濫している世の中なので、ここの写真も沢山出てくるが、やはり行ってみないと実際の様子はわからないですね。
また行くかどうかはわかりませんが、こんな風に見えて、照明の専門家がやるとこれだけできるのかということが分かった。

2018.03.21

ハクモクレン

桜が開花したのに、今日は本当に寒く雪が積もり始めた。

数日前、ハクモクレンの街路樹のところを通りかかった。

晴れてはいなかったので青空ではないが、撮影を楽しんだ。

この街路樹はニュータウン通りに沿った南大沢5丁目の遊歩道にある

本当は晴れて白が映える写真を撮りたかったが、薄曇りの陰影の少ない白い花もなかなかいい。

しかし写真にするのはとても難しい。
 


A3185618w800


 
A3185628w800
 


ここは、何しろ花の数が多い。

A3185632w800


 

ハクモクレンはさっと咲いてすぐに一番良い花期は終わってしまう。

A3185611w800


 
この雪で、どうなったのだろうか。

A3185639w800

  

 
花の季節になりましたが、同時に昆虫も沢山出てくる季節です。

南大沢昆虫便り」も更新しておりますので、興味ある方はご覧ください。
 
 

2018.03.10

植物写真展のご案内

今日は、昼過ぎから太陽が出てきて、数日前より少し暖かくなってきました。

そこで、自転車でのんびりと長池公園自然館で開催中の写真展に出かけてみた。

HP「南大沢の自然」でも簡単に紹介しましたが、素晴らしい写真です。

ちょうど作者の片山さんもおられて、いろいろと話を伺うことができました。

この写真展、何がすごいかというと、カメラを一切使っていない写真展なのです。

このポスターをご覧ください。

Katayamasyasinntenn

 
 


冬芽や実が色鮮やかに写っていますが、タイトルにあるようにスキャナーで取り込んだ画像でできています。

昨年のこの時期にも展示されていたので、やり方をメールで教えてもらって、少しやってみたのですが、なかなか難しいです。

それにしても、取り込む以前にこれだけの実や冬芽を集めるのがどれほど大変だろうと思ってしまいます。

来週金曜日までですので、興味ある方、お近くの方は是非出かけてみてはいかがでしょうか。
 


 
 

2018.02.09

蕾ふくらむ


日本海側では大雪の被害もあり、寒さも続いている。

しかし、尾根緑道は穏やかな陽ざしで歩く人も多く、残雪は残るものの風も弱く春の訪れも感じられる。

真っ青な空をバックに、河津桜の蕾もだいぶ赤みを帯びてきていた。

A2093864w800


 
 


近寄ると蕾が広がろうとしている。

A2093863w800


 


写真中央の白い部分は、遊歩道の端の残雪が写っている。

寒さももう少しだ。

2017.04.03

ヨウコウザクラをドローンで撮ると!

長池公園沿いのバス通りの陽光(ヨウコウザクラ)が見事に咲いている。

この写真は昨日の撮影だが、本日はさらに開いて満開となった。

歩道から見上げて撮ることが多いのだが、色が濃く下向きに花が咲くので華やかに見える。

A4028747w800


 
 


上から全体を撮るとこんな感じである。

A4028646w800


 
 

ドローン撮影は面白そうだが、何かと制約があるということなので、たぶんドローンで撮るとこんなだろうというのを5階から撮ってみた。


そして真上から見下ろすと、なんだか見上げた陽光とは違う感じだが何だろう??

A4028667w800


 
 

花びら部分が丸く白く見えて中央が赤いのがたくさんある。

みんな下向きで、房になっているからのようだ。

今まで、毎年のように陽光の写真を撮っているが気が付かなかった。

A4028656w800


 
 

そのうち、メジロの集団が飛んで来た。

蜜を吸っているのだが、花の中にいて見えない。

一羽、上に出てきたのを真上から撮ったのだが、何とも不思議な感じがした。

A4028688w800


 
 

いつもと違った見方をすると、やはり新しい発見がありますね。

 
 

2017.03.27

オオイヌノフグリ

今日の午前中も、昨日に続いて寒い雨が降っている。

しかし、さすがに3月の下旬ともなれば、野草も沢山咲き始めた。

小山田端自然公園では、この間の土日が、年一度のカタクリの花公開日だったが、以前ほどではないが沢山咲いていた。

オオイヌノフグリは、晴れればいたるところに沢山咲いているが、絶滅危惧種である在来のイヌノフグリはまだ見たことがない。

この近辺にも、細々とはあるようなので、いつか見つけてみたい。

オオイヌノフグリは、いつもなかなか良い写真は撮れない。

ふつうは横から2本の雄蕊にピントが合うように撮影するが、今回真上から深度合成で撮ってみた。

A3248055ww800


 
 

普通に撮ると、蕊の先だけにピントが合ってあとはボケてしまう。

この写真を拡大してみるとこんな感じである。

A3248055w800


 
 
花の中央部分がこんな感じとは知らなかった。

 

2017.02.24

桜咲く

尾根緑道はヤマザクラの大木が多く、もう少しすると咲き出すのだが、最近河津桜だろうか早咲きの桜が植えられ、早くも咲き始めていた。
A2245709w800


A2245742w800


  
  

そこに、メジロが2羽来て蜜を吸っていたが、そのうち1羽はのどの部分がやや赤かった。
最近Facebookで、のどの赤いメジロが話題となっていたが、それほどではないがややのどの色が濃かった。

A2245738w800


  
  


鑓水まで行ったのだが、残念ながら探したい鳥はいなかったけれど、遠くでキジがのんびりと歩いていた。


 
 

2017.01.07

梅が咲いていた

今日も晴天で、昼過ぎまで雲一つなかった。

尾根緑道を歩くと、霊園に近いところで梅が咲き始めていた。

M1073342w800

 
 

先日の三日月は、もう上弦の月となっていた。

M1073341w800

 
 


明日の午後は雨になるようだ。

2016.12.27

首都大学東京 牧野標本館

少し前のことになりますが、11月に長池公園生き物図鑑の勉強会で、首都大学東京 牧野標本館の見学をしました。

前からどんなところなのか見学したいと思っていましたが、なかなかチャンスがありませんでした。
今回、生き物図鑑を主宰されている木原先生の計らいで、関係者8名で伺い牧野標本館の加藤先生に説明していただきました。


牧野標本館については、サイトの概要では以下のように記されています。

 「牧野標本館は、日本の植物分類学の基礎を築いた故牧野富太郎博士(1862-1957、初代名誉都民)の没後、遺族から寄贈された未整理標本(牧野標本)約40万点(牧野標本)を整理し、教育・研究のための学術資料として活用することを目的として、1958年に東京都立大学の一施設として設立されました。」

Pb194403w800


 
 
もともとの標本は当時の新聞に挟んであるが、いまだに未整理のものもあるとのことです。

Pb194404w800

 

 
 
標本は奥の保管庫に整理されてびっしりと入っていました。
植物の基準標本(タイプ標本)がたくさんあるのにもビックリでした。

保管されているのは、世界各地の植物標本と交換したものもあるようです。
その中にシーボルトが日本で採集した植物の標本も多数あるようです。

Pb194405w800

 
 
新しい植物標本のつくり方も紹介してもらいました。
植物標本というと中学生のころやった、新聞に挟んで重しを載せて水分がなくなった茶色の標本を思い出しますが、今では原色の標本ができるようです。

Pb194396w800

 
 


植物には疎い私ですが、これを見るとそのすごさは分かります。

学園祭では公開もしているので、植物に興味のある方はぜひ見ていただきたいと思います。

興味ある方は、以下のサイトの詳細もご覧ください。


首都大学東京 牧野標本館

牧野標本館タイプ標本データベース

シーボルトコレクション

 
 


詳しく案内していただいた加藤先生、見学会を企画していただいた木原先生に感謝いたします。

より以前の記事一覧