2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2019.06.03

写真展終了しました

昨日、写真展は無事終了いたしました。

近隣の方々、そしてはるばる遠方から来ていただいた方々など、大勢の来訪者があり忙しいそして楽しい9日間でした。

2人展なので、双方の関係者が来てくれたので、倍増です。

新聞や情報誌を見てきてくれた方もあり、作品を楽しんでいただけたようです。

写真をじっくり見て、「良い写真を見せてもらった。」「この地域をもっとゆっくり見て楽しみたい。」「コメントがよかった。」などの声に、元気をもらいました。

今後はしばらくブログ「南大沢季節便り」と「南大沢昆虫便り」で情報発信していきますので、よろしくお願いいたします。

P6020495w600 

 

 

 

 

 

 

2019.05.26

写真展始まる

ホトトギスの声も聞こえ始め、急に夏らしくなってきた。


そして、昨日より写真展開始です。

タイミングよく、初日の昨日の朝日新聞朝刊の多摩版に記事を載せてもらいました。

土曜日、日曜日と沢山の方にご来場いただき大変盛況でした。楽しい雰囲気のギャラリーカフェのような感じゆったりしていただけます。

6月2日(日)までですので、お待ちしております。

P5260263w800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指田隆行×鈴木秀夫 写真展

*会期 : 2019年 5月25日(土)~ 6月2日(日)

     9:00~17:00 (25日は12:00 から、2日は15:00まで)

*会場 : 長池公園 自然館 展示室2

       〒192-0363 東京都八王子市別所2-58 https://www.h-yugi.org/nagaikepark

*共催 : 八王子市都市公園指定管理者 ひとまちみどり由木

*内容 : それぞれのブログから派生した、4つのテーマの写真展、大小合わせて200点程度を予定

       指田隆行: 「植物顔コレクション」 ( 何故か、人や動物の顔に見えてしまう植物写真群)

               「時空タイムスリップ」 ( 撮影時間などが違う写真を、簡易合成した不可思議写真)

       鈴木秀夫: 「身近な自然を楽しむ 3」( 南大沢周辺の自然風景・植物・野鳥・昆虫等の写真)

               「南大沢を歩いてみると」( 南大沢周辺で出会う思わぬ光景・建造物等の写真)

 

 

 

 

2019.04.06

写真展を行います

     (この記事は、「南大沢昆虫便り」と同内容の写真展案内です。)

 

桜は満開となり、気温も上がり、写真撮影には1年でもいちばん良いシーズンとなった。

しかし、今日までの1週間、なんとなくぼ~と生きてしまった。

3日もあれば治るだろうと思った風邪が、いつまでも抜けず熱が続いていたが、やっと出口が見えてきた。

 

 

5月下旬に、4年半ぶりに長池公園自然館で写真展を行います。

今回は2人展で、それぞれが2テーマ。

何しろ盛りだくさんで、楽しい展示会にします。

もちろん前回の「身近な自然を楽しむ」の、シリーズ3も展示します。

そのほかに、昨年「南大沢を歩いてみると」という小さなフォトブックを作成しましたが、このシリーズ2から一部を展示します。

 

概要は以下のようになります。

指田隆行×鈴木秀夫 写真展

日時 2019年5月25日(土)~6月2日(日) 9:00~17:00

        (25日は12:00 から、2日は15:00まで)

場所 八王子市長池公園自然館 展示室2

入場無料

 

ポスター

A3800

 

さらに詳細は以下をご覧ください。

http://minamio.cafe.coocan.jp/2019photo3.htm

 

指田隆行さんは、プロのイラストレータなので、ポスター、チラシ、DMを作って頂き、長池公園はじめ南大沢文化会館や図書館等、近郊の主な場所に置かせてもらっています。

是非大勢の方々の来館をお待ちしております。

2019.03.26

BOJOでの展覧会案内 「青木鮎実展 その時を待って」

以前にも紹介した、南大沢のギャラリーカフェBOJOで現在行われている展覧会です。

「青木鮎実展 その時を待って」が、3月31日(日)まで行われています。

昨日行ってきました。

今日と明日は定休日です。

A3253160w800

 

A3253162w800

 

A3253161w800

 

Aoki

 

南大沢駅からBOJOへの行き方は、青木さんのHPにわかりやすく載っています。

https://www.sweetfish-art.com/blog20190322/

 

絵も文章もとてもいいです。

小さなギャラリーですが、コーヒー飲みながらいかがですか。

オーナーも店の人もとても感じいい方たちです。

 

 

 

2019.02.24

渡部耕三個展 縄文の心 開催中

南大沢2丁目のカフェギャラリーBOJOで「渡部耕三個展 縄文の心」を開催しているので、今日見てきました。

渡部さんもいらしていろいろと話をお聞きできました。

油絵ということですが、すごく立体感がありあまり見たことがありません。

縄文についても話をしていただきました。

A2241632w800_2


A2241635w800


A2241633w800

 

 
会期は3月3日(日)までです。

駐車場はないのでご注意ください。

A2241666w800

 
 
 


カフェギャラリーBOJOのHPはこちらです。 → クリック

渡部耕三展の案内ページ → クリック
 

 
 

2018.11.21

南大沢にできた Cafe Gallery BOJO

南大沢に今までなかったような、キャフェギャラリーができた。

南大沢駅から少し離れているが、南大沢2丁目の道路沿いにあり、目立つペパーミントグリーンのアパートの1階にある。

Ab204593w800_2

 
 

室内はこじんまりしていますが、落ち着けます。

Ab114396w800


 
A9201599w800


 
 

 
そして一番奥がギャラリーです。

今は、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」で、オリジナル作品から版木を起こし、江戸以来の伝統技法に則って忠実に再現されたリプロダクション木版画ということです。

Ab114394w800


 
 
 
オーナーさんはとても親しみやすい方で、 長年池袋の駅近くにオレンジギャラリーというレンタルギャラリーを経営されている方です。

写真や絵画の本も置いてあり、ゆっくり楽しめます。

私の写真集やフォトブック、そして長池公園での写真展の作品アルバムを置かせて頂いております。

ちょっと残念なのは駐車場がないので、徒歩か自転車になることですかね。
 


地図、定休日、メニュー等詳細は以下のホームページをご覧ください。

Cafe Gallery BOJO ホームページ

2018.11.07

首都大学東京にて

午前中、首都大学東京の牧野標本館別館TMUギャラリーに行ってみたが、とてもよかった。。

Ab074141w800

 
 

別館が出来て初めて入ったが、今日から「多摩市なな山緑地の植物標本展 明日へ繋ぐ里山の記録」が行われている。(18日、日曜日まで 9時から16時まで)

Ab074133w800
 


なな山緑地の会が里山活動をして、その里山に自生している植物を調べて標本が展示されていた。
 

Ab074136w800


なな山緑地というのは、帝京大学の北側にあり、長年里山活動をしているということだが知らなかった。
 

 
このギャラリーはなかなかいい感じです。

今後どんな作品展が行われるのか楽しみです。

  
 

 
午前中曇りだったのが残念ですが、キャンパス内では紅葉が見事。

Ab074158w800


 
Ab074162w800


 
 
Ab074167w800


 
この別館の裏手にあり、モミジバフウだと思うが毎年色づきがよい。


2018.03.19

八王子百景展のご案内

せっかく花がいろいろと咲き始めたところですが、今日から数日天候不順で、真冬並みの気温にもなるようです。

今週の長池公園自然館の展示室では、素晴らしい絵画展が開かれております。

佐伯良四郎さんの八王子百景展です。

2746f1_6f8e9645f9b44e298374b8dea274


P3190068w800


P3190069w800
 


南大沢周辺の場所も多く、これはどこだろうと初めての出会いもあって皆さん楽しんでおりました。

今日は、佐伯さんもいらして話を伺うことができました。

自分も同じようなところを絵画ではなく写真で撮り歩いているので、大変参考になりました。

土曜日までですので、興味ある方はどうぞおいでください。


佐伯さんのHPはこちらです。

この八王子百景から出展されております。

http://www.tama.or.jp/~saeki/
 
 
 

2018.03.10

植物写真展のご案内

今日は、昼過ぎから太陽が出てきて、数日前より少し暖かくなってきました。

そこで、自転車でのんびりと長池公園自然館で開催中の写真展に出かけてみた。

HP「南大沢の自然」でも簡単に紹介しましたが、素晴らしい写真です。

ちょうど作者の片山さんもおられて、いろいろと話を伺うことができました。

この写真展、何がすごいかというと、カメラを一切使っていない写真展なのです。

このポスターをご覧ください。

Katayamasyasinntenn

 
 


冬芽や実が色鮮やかに写っていますが、タイトルにあるようにスキャナーで取り込んだ画像でできています。

昨年のこの時期にも展示されていたので、やり方をメールで教えてもらって、少しやってみたのですが、なかなか難しいです。

それにしても、取り込む以前にこれだけの実や冬芽を集めるのがどれほど大変だろうと思ってしまいます。

来週金曜日までですので、興味ある方、お近くの方は是非出かけてみてはいかがでしょうか。
 


 
 

2018.02.21

南方熊楠生誕150周年記念企画展

先週、何年ぶりかで上野の国立科学博物館に行き、「南方熊楠生誕150周年記念企画展」というのを見てきた。

以前から興味はあったが、ほとんど知らなかった南方熊楠を知る良い機会だと思って出かけた。

和歌山県出身で、粘菌の研究者で、大英博物館にいたことがあるというくらいしか知らなかったが、想像以上の偉大さであった。

行ってみると科学博物館は、65歳以上無料で身分証明書を見せるだけだった。しかもこの展示は特別展ではないので常設展示と一緒に見ることができる。

入り口

P2130380w800


 


そこで見上げた内部の天井(久しぶりに見た)

P2130385aw800


 


中は結構広くて展示物も多く、フラッシュは禁止だが写真撮影可能とある。(モニター画面等は禁止)

東京の学校では夏目漱石や正岡子規と同窓とか、明治の初期にアメリカで20歳から4年ほど暮らしてキューバにも一人で採集旅行に行ったとか、その後ロンドンで5年ほど暮らし、帰国後は隠花植物の研究で膨大な資料と標本を残した等々、知らないことが多かった。

この時代にアメリカをこんなに歩いた日本人はほとんどいないらしい。

P2130350w800

 
 


いずれにしろ大変興味深い展示会であった。

気になるところはコンパクトカメラでいろいろと撮影したが、展示内容をまとめた30ページほどの冊子があり、これは館内の係員に頼めばもらうことができた。

展示会は、3月4日が最終日です。
 


粘菌(変形菌)に興味があったが、昨年六本木で佐藤岳彦さんの写真展で見て、これは撮影してみたいと思うようになった。

P8210146w800


 
 


早速、図書館で「粘菌生活のススメ」と「世界は変形菌でいっぱいだ」を借りてきた。

変形菌とは動物でも植物でも菌類でもなくアメーバ動物の一種だという。


今年は長池公園や清水入緑地で探して是非撮影をしてみたい。