無料ブログはココログ

2017.01.15

小山内裏公園のどんど焼き

大寒波が襲来し大雪に見舞われた地域が多いが、このあたりは寒い日となったが雪は降らないですみそうだ。

11時から小山内裏公園のどんど焼きが始まるということなので、ずいぶん行っていないが10時半ごろ出かけてみた。

着くと、以前行った時に比べて何しろ人が多いので驚いた。

消防士や地元の消防団、さらに消防車も来て、万一の放水準備をしていた。

それに正月飾りを持ってきた人が並んで待っている。

和太鼓の人たちが準備をしている。

甘酒、焼餅、豚汁、焼きそばなども売っていて、以前と様変わりしている。

ここのどんど焼きは規模が大きいが、点火して2分半ほどでこの炎であり、この写真だけ見たら何事かと思ってしまうだろう。

M1153685ww800



1分前はこんな状態。

M1153666w800



そして2分半前の点火時はこんな状態であった。

M1153653w800

 

点火前には、正月飾りをはしごを使って取り付けていた。

M1153609w800


 


取り付け終わって11前には、準備完了。

M1153637w800


 


点火してから3分くらいで炎は最高になり、徐々に火も弱まっていった。

尾根緑道の上からも、冬の木立越しに見ている人もいた。

M1153695w800


 

30分くらいかかってだんだん火も弱まり、繭玉焼きに移っていった。

本当に久しぶりに行ってみたが、なかなか大きな正月の行事になっていた。

2015.02.28

写真展その後

昨年12月に、長池公園自然館にて写真展「身近な自然を楽しむ2(南大沢とその周辺)」を開催し、おかげさまで大変好評でした。

しかしながら、4年前の写真展では会期が4週間でしたが、今回は2週間でした。

そのためか、終了後に「もう終わってしまったの?」、「行こうと思っていたのだが、残念ながら都合がつかなくて行かれなかった。」と言うような言葉を大勢の方から掛けられました。

また、広報や案内が不足だったのか、気がつかれなかった方もいらしたようです。

そこで、全作品を写真展会場と同じように見られるページを作成しました。

本来は、展示会場の大きさで見て頂きたいのですが、Web上ではどうしてもサイズが小さくなってしまいます。
でも、全体の雰囲気は見て頂けると思います。

下記をクリックで開きますので、ご覧になられなかった方、よろしくお願いいたします。

自動のスライドショーではないので、画面下のボタンで進めてゆっくりとご覧ください。

2014年写真展全作品集


実は、2010年写真展全作品集よりも見やすいスライドショーを作ったのですが、どうしてもうまくアップできず、体裁が崩れてしまったり、写真の一部が抜けてしまい、何度もトライしたのですが、私のスキルでは解決しませんでした。

PCも、だいぶおかしな動作をするようになったので、そのせいかもしれません。

非常に単純な形となってしまいましたが、今回のものでご覧ください。

ちなみに今回の写真展で一番人気の写真は、「大きな虹」でした。

一番問い合わせが多かったのは、「コウモリ飛ぶ」で、撮影方法についてでした。

また、深度合成の質問も多かったです。


2015.02.07

大栗川キャンドルリバー2015

昨年12月13日に、たまたま南大沢駅前の中郷公園を通りかかったら、あの広い階段に沢山のキャンドルが飾られていた。
いつもの中郷公園と違って、何とも非日常的な幻想的な雰囲気であった。
イルミネーションで明るくて飾るよりも、ほんのりした灯で感じが良かった。

Pc130432w800


Pc130436w800


来週の土曜日、2月14日 16:00~20:00に「大栗川キャンドルリバー2015」というイベントがある。
大栗川と大田川の合流点にある大栗川公園がメイン会場である。

さあ、初めての催しなので、どんなイベントになるのだろうか。

興味ある方はお出かけください。


詳しくは、「大栗川キャンドルリバー2015」で検索するか、次のURLをクリックしてご覧ください。


http://yugimura.jp/#

http://www.spyugi.jp/blggazo/20150214.pdf

2013.10.29

わんわん運動会

今日は曇りで肌寒い日となったが、台風一過の日曜日、月曜日は秋晴れの良い天気となった。

真っ青な空で雲ひとつない空は本当に気持ちがいい。

今朝の朝日新聞の天声人語にこんなことが載っていた。

**************************************

争いといっても、みにくいものばかりとは限らない。
詩人の吉野弘さんに「争う」と題する一作がある。

青空を仰いでごらん。
青が争っている。
あのひしめきが
静かさというもの。

なるほど、「静」という字は青と争から成っている。

(以下省略)

**************************************

青が争って静かになるなんて考えてもみなかった。


秋晴れの日曜日に、久しぶりに小山内裏公園に行くと何やらにぎやかだった。

わんわん運動会とあり、青空の下、犬が走る争いが行われていた。
5a276033w800


ところが、競走と言っても一直線に飼い主の元に走るいのもいれば、じっとしてまったく動かない犬もいてなかなか運動会にならない。

呼んでも呼んでも、途中で止まってしまうものもいる。
5a276026w800

最近は、夏からすぐに冬になってしまう感じである。
以前は、もう少し秋晴れの青空の期間が長かったような気がするのだが。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31