無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2024.03.28

桜の開花

 

報道では、今年は桜の開花が早いとか言っていたのに、ずいぶん遅れている。

 

今日は、曇りだが気温が上がるというので、近所を回ってみると一斉にチラホラだが咲き始めた。

 

ソメイヨシノは咲いているのをやっと一輪見つけただけだが、タマノホシザクラ、ヤブザクラ、チョウジザクラ、シダレザクラは咲き始めていた。

 

長池公園前のバス通りの陽光も遅れていたが、だいぶ咲き出した。

 

タマノホシザクラは、大平公園の池の近くのはまだ咲いていないが、ひねもす亭下段に数年前に植えられたのはたくさん花をつけていた。

 

この桜は、こんな感じで花の数は多くない。

 

Q3284074w800

 

 

 

 

下向きに半開きで、ガクが星の形。

 

Q3284069w800

 

 

 

 

柏木小学校の校門のちかくの歩道橋から見下ろせるヤブザクラは、たくさん花をつけていた。

 

Q3284093w800

 

 

 

 

駅に近い遊歩道では、小さなチョウジザクラも咲いていた。

 

Q3284084ww800

 

 

 

 

シダレザクラは咲いているのと、全く咲いていないのがあった。

 

Q3284085w800

 

 

明日の午後から晴れて気温が上がるというので、一気に花の数が増えてきそうだ。

 

2024.02.21

カワヅザクラ(河津桜)2024

 

今日は、昨日の高温から一転寒い日となった。

 

昨日近所を回るとカワヅザクラは各所で咲いていた。

 

以前よりもカワヅザクラを見る機会が増えたが、桜を植えるときに個人宅でも公園や施設でも、他の桜より早く咲いてもらいたいという気持ちがあるように思う。

 

昨日、小山内裏公園の四季の丘側で撮影したものです。

 

Q2202333w800

 

Q2202346w800

 

 

小山内裏公園には大田切池のそば、尾根緑道、四季の丘近くの土手など何カ所かにカワヅザクラがあり、これから次々と春の花が咲き出します。

 

 

 

 

 

2024.01.21

一瞬の虹

 

今年になり慌ただしいうちに、1月も下旬となってしまった。

 

今日は雪になるかもしれないとの予報だったが、冷たい雨で家にいたのだが、小山内裏公園のどんど焼きは行われたようだ。

 

午後一瞬太陽が出たので、北の空を見ると低い位置に虹が出た。

 

慌ててカメラを持ち出して撮影したのだが、瞬くうちに消えてしまった。

 

M1210962w800

 

12月からの写真展「南大沢 四季折々を楽しむ」は、今月いっぱいです。

 

今まで、沢山の方に見ていただきコメントもいろいろとありがとうございました。

あと10日ほどなので、南大沢お近くでまだご覧になっていない方は是非おいで下さい。 

南大沢イトーヨーカドー5階のヤマハ音楽教室の前です。

 

Pc040372w800

 

 

 

2023.02.27

長池公園のトモエガモ10羽

 

2月4日にトモエガモの記事を載せましたが、その後の様子です。

 

12月の初めに4羽確認してから、前回の時点では7羽でしたが、その後も1羽づつ増えて2月16日についに10羽になりました。

 

やはり警戒心が強いのか、岸の藪に隠れていることが多く、なかなか泳ぎ回ったり飛んだりしてくれません。

 

何とか一緒に泳いでいるところを撮りたいと思っていましたが、これが難しい。

 

それでも、何枚か撮れました。

 

これは、長い休憩が終わってさあ泳ごうかとしているところです。

 

(写真をクリックすると少し大きくなります)

B2188786a3w800

 

 

でもその後ばらけてしまった。

 

何度か通ううちに、10羽固まって泳いだり、一列になっているところも撮れたが、なかなか思ったようにはいかない。

 

B2250029a3w800

 

B2250091a3w800

 

B2199115a3aw800

 

 

何とも1羽づつ増えるのが不思議だったが、長池公園のスタッフブログに面白い記事がありました。

 

それによると、夜中に採餌するのでどこかに飛んでいくようなのですが、そこで会った仲間を連れて来るのではというものでした。

 

なるほど、そういうこともあるのか、それなら少しづつ増えても不思議ではないな。

 

 

前回の時は3月上旬までいたので、あと1週間くらいいてくれるだろうか?

 

 

 

 

2023.01.11

カワヅザクラ咲く

 

今日は風もなく気持ちよい青空だったが、昨日は強い北風の寒い日だった。

 

そして一昨日も良い天気だったので、久しぶりに尾根緑道を西へ行ってみた。

 

いつも早く咲くカワヅザクラが咲いているかと思って。

 

まだこんな葉も出ていない木が多い。

 

Yw86wjdfsaohunmcnb1_vq800

 

 

しかしよく見て行くとわずか3輪だが咲いていた。

 

8_bjb2rjtbwaspdmhtobda800

 

 

昨年も1月下旬に咲いていたが、今年も早い。

陽当たりが良いせいだろうか?

2022.11.29

晩秋の紅葉

今日は冷たい雨だが、27日の日曜日は気持ちの良い青空だった。

 

近所の紅葉も良い頃で、毎年同じような写真になるが撮っている。

 

清水入緑地のイチョウは、昨年ナラ枯れの影響でまわりの木が切られたので陽当たりが良くなり、葉っぱも増えて黄色い絨毯が見事かと思っていたのだが、どうもそれほどではない。

 

Bb277026a3aw800

 

 

5年ほど前が一番きれいだった様な気がする。

来年に期待である。

 

カエデの紅葉は今年も見事で、逆光で見るととても良い感じ。

 

Bb276994a3w800

 

Bb276995a3w800

 

 

 

長池公園南端、尾根幹線口のセンダンは、一週間前よりも葉が落ちて、丸い実が青空に見事。

 

Bb277043a3w800

 

 

これも毎年見るのが楽しみで、葉も、先端の枝も落ちて、実が白くなってくるとたくさんの鳥が食べに来る。

 

2年前のセンダンの記事はこちらです。 → クリック

 

写真はクリックすると若干大きくなります。

 

2022.11.16

秋晴れ

 

今日は気持ち良く晴れたので、昼前に南大沢駅方面に行ってみた。

 

アウトレットのナンキンハゼも色づいて白い実をつけている木もある。

 

Bb166404a3w800

 

 

中郷公園のイチョウは大きくはないが、なかなか良い感じ。

 

Bb166455a3w800

 

 

今年はカリンが豊作のようだ。

 

Bb166465a3w800

 

 

帰りに大平公園を通ったら、芝生広場には人が少なく、ベンチの後の日陰の落ち葉には水滴が残っていた。

 

Bb166473a3w800

 

 

 

2022.07.28

ナラ枯れ 2022

 

昨年ひどかったナラ枯れですが、今年もすごい勢いです。

ちょうど同じ時期に、このブログに記事を載せていますが、7月に入ると急に枯れた樹木が目立ってきました。

昨年の記事 → クリック

B7275290w800

 

 

 

緑の中にこの茶色は非常に目立ちます。

 

B7275332w800

 

 

これは、こんな5mm程のカシノナガキクイムシが原因です。

 

B6124229w800

 

 

でも直接被害を与えるのは「ナラ菌」と言われる病原菌で、これを運ぶのがカシノナガキクイムシのメスです。

 

駆除したこの虫を撮影したら、背中に「ナラ菌」を運ぶ器官をもつメスが写っていました。

この背中に、菌を貯蔵する器官(マイカンギア)である円形の小孔がある

 

B6114174w800

 

 

 

これについては、「南大沢昆虫便り」に詳しく載せましたので、こちらをご覧ください。

→ クリック

 

 

昨年は、穴が開けられて木くずが沢山根元に落ちていたのは、ほとんどコナラでしたが、今年は他の木でもいろいろと加害されています。

ナラ・シイ・カシなどのブナ科の、いわゆるドングリのなる木なら被害にあうようです。

 

これからも毎年繰り返すのだろうか?

 

2022.06.25

アナグマのその後

 

4月8日にアナグマを初めて見てその日にブログに載せたのですが、その後のアナグマの様子をご覧ください。 4月8日の記事 → クリック

 

その後このあたりに出そうだというところを回っていたが、なかなか会えないでいた。

 

ここが巣穴かな?と言うところも見つけたが、見つからない。

 

見たよと言う情報は時々聞いていたのだが、かなり立って5月29日に久しぶりに出会えた。

 

しかも、仲良く2頭でエサを探していたのにはびっくり。

 

B5292083ww800

 

 

 

どこかからパートナーを連れてきたようだ。

 

そして次の日にも、同じ場所で2頭で同じように餌探しをしていた。

 

B5302302w800

 

 

やはりあまり眼が良くないみたいで、かなり近づいてくる。

 

B5302147w800

 

 

そしてこちらに気が付くと、今までのスローな動きからは想像できない驚く速さで走り出して逃げた。

確かこのあたりに隠れたと思っても、どこにもいない。

 

巣穴は別の場所なので、草むらか伐採木の下にでも入ったのか?

 

不思議だこの辺りと思って探しても見つからない。

 

20分くらい経って、えっ?ここにいたのか?と言うところにいた。

 

B5302318w800

 

 

 

排水溝の中で気持ちよさそうに寝ていた。

 

もう1頭は中でやはり寝ているのだろうか?

 

そしてしばらくして2頭がパイプから出て、巣穴の方へ走って行ってしまった。

 

 

 

次は、6月4日に1頭で斜面で餌探ししているのに出会った。

 

B6042668w800

 

 

いくら待ってももう1頭は現れなかった。

 

もしかしたら、メスは巣穴の中で出産中か、子育て中なのだろうか?

 

 

 

次の6月5日にも1頭に出会ったが、すぐに気づかれて隠れ家のパイプに入ってしまった。

 

このパイプの中でUターンしたり、2頭がすれ違うのは大変だろうと思っていたが、よく見ると2m位先に四角マスがあり、地面に格子の蓋があった。

 

のぞいてみると、よく見えないのだが、中にアナグマがいるみたいだ。

 

そのうち鼻を出して匂いを嗅いでいるようだった。

 

B6052925ww800

 

 

拡大してみると、眼も見えた。

 

B6052925w800

 

 

ここで、すれ違ったり、Uターンしていたのか?

 

10分ほどすると顔を出して、巣穴に帰ってしまった。

 

B6052928w800

 

 

そしてこれを最後にまったく出会わなくなってしまった。

 

ところが、その何日かのちにYさんに会ったら、「やっと、6月5日の朝にアナグマに出会えた」と言っていた。

 

Yさんにはアナグマがいると教えたら、是非見たいと言っていたが、なかなか出会えないでいた。

 

どうやら、最後の日に出会えたようだ。

 

写真も撮っていたが、遠いところで2匹いたと聞いたいたが、拡大してみたら、3頭だったという。

 

驚いて、さっそく写真を送ってもらって、小さく映っているのを拡大すると、親と子2頭が写っていた。

 

Image0a

 

 

そうだったのか、とっくに出産していてここまで大きくなって巣穴から出てきたようだ。

 

そしてその日に、もっと安全なところに移動してしまったのかもしれない。

 

しかしたくましいものだ、ここで子育てしていたとは。

 

 

 

 

アナグマは、かわいい顔して、眼が悪そうでなかなか人間に気づかず、気が付くとすぐ逃げると思っていたのですが、ちょっと調べるとたいへん獰猛な性格とありました。

 

 

このサイトです。

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/6703

前肢の爪がたいへん強く、むやみに近付くと人間も怪我をすることが少なくないらしい。

タヌキやハクビシンと比べても一番獰猛ということです。

寿命は10〜15年ほどで、近年数を増やしていて、農作物を荒らすこともあり狩猟数も増えているようです。

 

 

このサイトでは次のように書かれていた。

https://rescue.epark.jp/brands/sharing/%E5%AE%B3%E7%8D%A3/2571

アナグマの子どもはメス1匹を除いて親元を離れていき、残ったメスが母親が次に出産した子の面倒を見ていく習性を持っています。そのため、基本的には単独もしくは親子で見かけるケースも多いです。

 

 

そうなのか、2頭いたのは母親と子供のメスかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.04.28

ジャケツイバラ

 

ゴールデンウィークが終わった頃に町田市の最西端の大地沢に行くと、ジャケツイバラの黄色い花が見事に咲いているのを見ることができる。

以前このブログに載せた記事はこちら → クリック

 

数年前に撮った時の写真はこちらです。

 

A5124633w1000

 

 

 

裏高尾でも見事なのを見たことがあります。

 

長池公園に植えられたのがありますが、今まで花を咲かせたことはなかった。

それが、今年は少ないながら高いところで咲き出した。

 

B4289007w1000

 

 

 

他の木に絡まって上の方で咲いているので双眼鏡が欲しくなります。

葉がどれだかわかりにくいのですが、別の角度で撮ってみた。

 

B4289001w1000

 

 

 

花に香りがあるのか蜜があるのか、甲虫がいくつも来ていた。

 

B4289000w1000

 

 

 

場所は尾根幹線口の駐車場からやまざと広場に出るところ左手に自販機があり、その反対の右手のところです。

5m以上の高いところで見にくいです。

 

あと数日すればもっと咲き出しそうです。

大地沢ほどになるには相当長くかかりそうですが、地元で見られるのは嬉しい。

 

(横位置の写真はクリックすると大きくなります。)

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧