無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2021.05.27

虹の星

 

NHK Eテレの番組に「SWITCHインタビュー 達人達」と言うのがあり、異なる分野で活躍する2人の達人が、お互いにSWITCHしながらいろんなことを質問し合うという番組 です。

今までも、時々気になる人が出ると見ることはありました。

 

先週の土曜日は「伍代夏子×高砂淳二」での放送でした。

伍代さんが、花、野鳥、虫などの自然写真を撮るのは知っていた。

作品も出てきたが、思っていた以上に良い写真が多く感心した。

インスタグラムに発表しているようです。

 

高砂さんは、世界中の自然写真、特に水中写真、動物写真、虹の写真を沢山発表している自然写真家です。

特に最近はウユニ塩湖の美しい写真で知られています。

 

高砂さんの「虹の星」と言う写真集を持っているが、中でも月明りで出る夜の虹が有名で、番組の中でも話が出てきた。

 

P5271837w600

 

 

 

ちょうど12年前の5月のことですが、新宿東口に当時「コニカミノルタプラザ」という展示会場があり、10日間ほど「鎌倉処々 三十六年の歳月」と言う写真展をすることができた。

 

この時、隣のブースで写真展をしていたのが高砂さんで、期間中非常に参考になる話をいろいろ伺うことができた。

以来、世界中に出かけることはできないが、地元で虹の写真をたくさん撮りたいと思うようになった。

結果、数多く撮ることはできなかったが、いくつかの虹の写真は撮ることができた。

中で一番気に入ったのは、過去にこのブログでも発表しているがこの写真です。

 

A2040460aw800

 

 

これは2014年の冬の撮影ですが、虹を見つけて、どこか良いところはないかと、慌ててアウトレットパークの駐車場に車を入れて撮影したものです。

これは、車や人がほとんどいなくてスッキリしています。

もう一つ、電柱電線がないので、スッキリしています。

南大沢5丁目や別所では電柱がないところがあり、やはりすっきりした写真になります。

せっかくゼロから作ったニュータウンなので、すべて無電柱化してくれればよかったのにと思います。

 

虹の写真はこの後もたくさん撮っていますが、虹が出ているのに気が付かなくて悔しがったことも沢山。

 

昨日は、せっかくの皆既月食が曇って見えなかったのは残念でした。

満月の日の夜の虹も撮りたいのですが、南大沢ではかなりの難関です。

 

上記番組の東京での再放送は、以下のようです。ご興味ある方は是非ご覧ください。

NHKEテレ 東京 5月29日(土)午前0:00~0:50  (土曜日の午前0時ですので、金曜日の夜ですよ。)

 

 

2021.03.19

コブシ

 

季節はどんどん進んで、先日河津桜が咲いていたのがもう葉だけになってしまい、カタクリが沢山咲き始めた。

多摩境のスーパーアルプス前の小山田端自然公園の、カタクリに合わせた年に一度の開園日は、明日明後日、3月20日と21日のようだ。

雨天中止ということだが、明日は何とか開園できそうだが明後日は雨のようだ。

https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/kankyo/kankyo/midori/shiminjigyousha_katudo/katudodantai/tamakyuryo-siminnokai.html

 

 

今年は、コブシやハクモクレンがずいぶん花を沢山持ちきれいに見えるが、どうなのだろう。

数日前に鑓水公園に行ってみたら、コブシの木が見事だった。

 

B3152162w800

 

B3152176w800

 

長池公園脇のバス通りの陽光は、もう満開に近い。

 

 

2020.09.06

台風の余波

 

台風9号が通過したら、すぐに史上最大級という台風10号が奄美、九州に近づいている。

何とか最低限の被害で通過してもらいたいと思うばかりである。

日本はこれから、台風の巨大化を含め、猛暑、地震、噴火と災害に対する備えを最優先としてやらなくてはいけないのではないだろうか?

 

今日は、激しい雨が降ったりやんだりを繰り返したが、16時前に虹が出た。

まず、部屋の窓から撮ってみた。

 

A9061743ww800

 

 

 

そして高台へ行ってみたが、もう薄れ始めてしまっていた。

 

A9061798w800

 

 

 

カメラ内のポップアップフィルターで若干色を強調して、パソコンで調整してみた。

 

最初は2重の虹だったようだが、それは見られなかった。

 

 

2020.03.17

写真展「南大沢の櫻」 無事終了


 

1月から新型コロナのニュースが出始めて、今や毎日この話題ばかりです。

12月頃から準備していた写真展「南大沢の櫻」が、2週間の展示を無事終了しました。

 

小規模でも展覧会や講演会が自粛している中、開催しようか躊躇しておりましたが、来客者の入店時に手指のスプレー消毒、提供は食事は無しの飲み物だけ、スタッフのマスク着用等の対策をオーナーがしてくれて開催しました。

 

そんな中、新型コロナに関係なく、次々と桜が咲き始めました。
この時期に地元のサクラを紹介をして、楽しんでもらおうと考え一番良い時期を選んだのですが、だんだん規制が厳しくなり学校が休校になった時期と重なってしまいました。
やはり気にして来られない方もいたと思いますが、家でニュースばかり見ていてもストレスがたまるばかりだと、来場されて楽しんでくれた方も多く、やって良かったかなと思います。

A3159200w800

 

A3149190w800

 

近所の植木屋という方がサクラの写真展ということで初めて来店され、サクラの枝を持ってきてくれた。会期中に咲くかなと思ったが、最後の3日間咲き始めてこれも会場を華やかにしてくれた。

A3149184w800

 

 

ご来場の皆様と、カフェのオーナー、スタッフの方、関係していただいた方に、本当に感謝いたします。ありがとうございました。

木曜日から常設展に戻りますが、数点桜の写真も展示していただけることになりました。

こんな時期だからこそ、外へ出て散歩をして今年の桜をお楽しみください。
そしてBOJOに寄ってコーヒーを飲みながら、写真も見ていただけたらと思います。

A3159199w800

 

2020.02.14

写真展のご案内

陽気の良い日が続いて春らしくなってきました。

尾根緑道のカワヅザクラはもう咲き始めました。

桜の花の開花に合わせて、以下のように写真展を開催いたします。

今回は「南大沢の櫻」という題で、地元の素敵な「Cafe Gallery BOJO]というところで行います。

南大沢には桜の種類も多く、これから次々と咲き始めますが、その一部を15点ほどの写真と、いろいろな資料で楽しんでもらいたいと考えています。

お近くの方は散歩の途中立ち寄ってみてください。

 

********************************************************************************

 

  鈴木秀夫写真展 -南大沢の櫻-

  2020年3月2日(月)~16日(月)
   火曜日、水曜日休み
   10:30-16:00  (初日12:00~、最終日~15:00)

  カフェギャラリーBOJOの詳細はこちらです。 → クリック

 

 

  写真展だけ見ることもできますので、お気軽にお越しください。

  火、水曜日がお休みで、駐車場はないのでご注意願います。

 

20200302_2a700  

 

 

  

 

 

 

2018.11.01

色づく

一ヶ月ぶりの更新になりますが、寒くてまだ時々ゆれるところからやっと戻りました。

夏の間体調がいまいちで写真もあまり撮らなかったので、フォトブックを作ってその写真を載せていました。
やっとバリバリ撮ろうという気になってきたのですが、うーんギックリ腰が再発。
 


これらは、数日前の南大沢に帰ってきたばかりの時の写真です。

カエデやイチョウはまだまだ紅葉には早いですが、カツラやサクラ、ケヤキなどは色づいていました。

Aa283925w800


 
Aa283932w800

 
 
 
北国では半月前にカエデもきれいに紅葉していました。

Aa212810w800_2


 
 
これから南大沢も黄葉が進み、さらに11月は暖かく良い天気が多そうなので、早く腰痛を直してバリバリと撮影したいですね。
 

 

2018.02.21

南方熊楠生誕150周年記念企画展

先週、何年ぶりかで上野の国立科学博物館に行き、「南方熊楠生誕150周年記念企画展」というのを見てきた。

以前から興味はあったが、ほとんど知らなかった南方熊楠を知る良い機会だと思って出かけた。

和歌山県出身で、粘菌の研究者で、大英博物館にいたことがあるというくらいしか知らなかったが、想像以上の偉大さであった。

行ってみると科学博物館は、65歳以上無料で身分証明書を見せるだけだった。しかもこの展示は特別展ではないので常設展示と一緒に見ることができる。

入り口

P2130380w800


 


そこで見上げた内部の天井(久しぶりに見た)

P2130385aw800


 


中は結構広くて展示物も多く、フラッシュは禁止だが写真撮影可能とある。(モニター画面等は禁止)

東京の学校では夏目漱石や正岡子規と同窓とか、明治の初期にアメリカで20歳から4年ほど暮らしてキューバにも一人で採集旅行に行ったとか、その後ロンドンで5年ほど暮らし、帰国後は隠花植物の研究で膨大な資料と標本を残した等々、知らないことが多かった。

この時代にアメリカをこんなに歩いた日本人はほとんどいないらしい。

P2130350w800

 
 


いずれにしろ大変興味深い展示会であった。

気になるところはコンパクトカメラでいろいろと撮影したが、展示内容をまとめた30ページほどの冊子があり、これは館内の係員に頼めばもらうことができた。

展示会は、3月4日が最終日です。
 


粘菌(変形菌)に興味があったが、昨年六本木で佐藤岳彦さんの写真展で見て、これは撮影してみたいと思うようになった。

P8210146w800


 
 


早速、図書館で「粘菌生活のススメ」と「世界は変形菌でいっぱいだ」を借りてきた。

変形菌とは動物でも植物でも菌類でもなくアメーバ動物の一種だという。


今年は長池公園や清水入緑地で探して是非撮影をしてみたい。
 

 
 

2018.01.31

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

めったに見られないというので一応ベランダで撮ってみました。

地球に一番近づくスーパームーンと、月に2度目の満月となるブルームーンと、皆既月食による赤っぽいブラッドムーンが重なるのは珍しいとか。

最後のブラッドムーンだけですね、実感があるのは。

寒かった。

途中で、電池あるのにピカピカと電池マークが点滅し始めた。

室内に入ったら、50%残っていたのに。

まわりの小さな星も写っていました。

A1312864w800


2018.01.25

雪景色いろいろ

雪の日、早朝雪景色を撮影したが、これだけの雪なのでしばらくは残りそうである。
その日の午後も撮影してみた。
そして昨日は駅前と多摩センターへ出かけたので、コンデジでの撮影をしたので、それらをいくつか選んでみた。
雪の日は、やはりいつもと違う世界が撮れる。


午後2時半ごろになると、日当たりの良いバス通りは雪も解けていた。

A1232715w800

 

望遠で見た家並みは屋根に雪があり、西陽を浴びていやに色鮮やかに見えた。(実際の見た目が鮮やかだったので、やや彩度を上げています。)

A1232738w800
 


斜面の生垣もいつもと違って見える。

A1232768w800


 

人が通るところは、誰かが雪かきをしてくれたようだ。

A1232789w800

 

昨日の昼頃にはだいぶ解けたが、中郷公園はまだ真っ白。

P1240251w800

P1240249w800


 

駅前の建物は、雪の重みで傾いたのではなく、いつもこんな斜めになっている。

P1240259w800
 

多摩センターの乞田川の岸の歩道はほとんど人が歩かないのに、楽しそうに少女が歩いていた。

P1240257www800


 
 
南大沢はどうも他よりも雪の量がいつも多いので、しばらくは残りそうである。


2018.01.23

雪の朝

テレビのニュースでは、なぜか八王子の雪の報道が多い。

確かに八王子はたくさん降ったが。

夜中まで雪で、朝晴天になるのはなかなかないので、珍しく早起きで近くの公園へ行ってみた。

足跡のない公園を撮りたかったので。

撮影していると、やがて陽が当たり始めた。

A1232672w800_2

バス通りは何とか車も通れるようだ。
 
A1232699w800


より以前の記事一覧