無料ブログはココログ

2017.05.08

コバノタツナミ  (小葉の立浪)

この時期になると、駐車場の後ろの草地に、コバノタツナミがたくさん花を咲かせる。
(写真クリックで拡大します。)

A5065463w800


 
 


毎年同じようだが何枚も撮影してしまう。

A5065466w800

 
 

 
 
たまには、カメラ内のアートフィルターを使ってみる。

A5065459w800


 
 
こういうのをうまく撮る人がいるが、うーん、慣れないので難しい。

これは、OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII、M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro、アートフィルター(デイドリームⅡ)で撮影。


我が家から10mで撮れるのがうれしい。

 


2017.04.27

ユウシュンラン (祐舜蘭)

今年も、ユウシュンランを見ることができた。

2週間ほど前に行ったときには見つからず、1週間ほど前に撮影できた。

幹線道路沿いの緑地帯の一部に出るが、この近辺でも他では見たことがないし珍しい。

A4181371w800


 
 
ギンランより葉が小さく、下の方にはほとんどない。
少し見つけたのが遅いのか、やや茶色い部分が出てきてしまっているのもあった。
全部でも、数株程度。
A4181442w800


 
(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII、M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro、2枚ともカメラ内深度合成)


てっぺんにゾウムシらしきものが乗っていた。
A4181457w800


 
 
土の中から出てきたばかりなのか、片側の牙が付いたままだ。
A4181454w800


 
 
ゾウムシについては、いずれ「南大沢昆虫便り」に載せます。

2017.04.20

フデリンドウ これはびっくり

先日の相模原市緑区へ行ったときに、フデリンドウがたくさん出ていて蕾をつけていた。

南大沢でも、結構見ることができるが、驚くほどフデリンドウが出ていると知り合いが教えてくれた。

先日早速行ってみると、バス通りと団地の間の斜面に、それこそびっくりするほどの数で咲き誇っていた。

数千株はあるだろうか。こんなところは見たことがない。


小さな花なので、このびっしり感を見た目ほどに写真で表現できないので、真上から撮ってみた。

A4181130aw800

 
 


ワイド系のレンズで、撮影してみたが、少し離れると小さくなってしまう。

A4181145w800


 
 

こんな歩道わきの、のり面である。

A4181351w800

 
 

ここには毎年こんなに出ていたのかなあ。

アップでも撮影してみる。

A4181340w800


 
 

A4181479aw800

 
 
 
今年は、当たり年なのだろうか。

一枚目を除いてカメラ内深度合成である。

1,5枚目 OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
2,3,4枚目 OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2017.03.31

コスミレ

先日、コスミレの写真を載せたが、今回は違うところで咲くコスミレです。

こちらは、花の色が違う。

A3308607aw800


 
 

団地の草地の一角に、ここにしかないコスミレ。

最初はあまりにきれいなスミレなので、コスミレとは思わなかったが、専門家に聞いたところコスミレと教えてもらった。

ある木の周りだけに出たので、この木を植栽した時に種が付いてきたのではと思っている。
 

今回もカメラ内深度合成に挑戦した。

何度も撮っているとコツもつかめてきて、ここからさらに応用ができるのではと思っている。
 


OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
ISO400 1/2000秒 F3.2
カメラ内深度合成
フォーカスステップ8

2017.03.27

オオイヌノフグリ

今日の午前中も、昨日に続いて寒い雨が降っている。

しかし、さすがに3月の下旬ともなれば、野草も沢山咲き始めた。

小山田端自然公園では、この間の土日が、年一度のカタクリの花公開日だったが、以前ほどではないが沢山咲いていた。

オオイヌノフグリは、晴れればいたるところに沢山咲いているが、絶滅危惧種である在来のイヌノフグリはまだ見たことがない。

この近辺にも、細々とはあるようなので、いつか見つけてみたい。

オオイヌノフグリは、いつもなかなか良い写真は撮れない。

ふつうは横から2本の雄蕊にピントが合うように撮影するが、今回真上から深度合成で撮ってみた。

A3248055ww800


 
 

普通に撮ると、蕊の先だけにピントが合ってあとはボケてしまう。

この写真を拡大してみるとこんな感じである。

A3248055w800


 
 
花の中央部分がこんな感じとは知らなかった。

 

2017.03.25

コスミレ (カメラ内深度合成)

昨日、ハコベを撮影した時に、ほかの野草もいろいろと撮影し、深度合成もしてみた。

清水入緑地では、以前それは見事なコスミレの群落があったのだが、だんだん少なくなってきてしまった。

それでも、そこかしこにちょうど今咲き始めている。

A3248152w800


 
 

これは、60mmマクロレンズで、絞りF3.2で1mくらい離れての撮影であるが、この写真でははっきりしないが拡大すると、中央の花の唇弁だけにピントが合っていて、あとはボケてしまっている。

そこで絞りをF8にして、撮影したのが次の写真です。

A3248151w800


 
 

後ろの花にもピントが合っているが、背景のボケがうるさくなり花が浮き立たない。

こんな時に深度合成はどうかといろいろ試したら、こんな風になった。

A3248197w800


 
 


絞りはF2.8ですが、花全部にピントが合って、しかも背景はボケたままである。

カメラ内深度合成すると周辺がカットされるので、画角は違ってきています。

この時のデータは次の通りです。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
ISO感度400、F2.8 1/4,000秒
フォーカスステップ 4


実はこの時に何度も失敗しています。

風があるので花は常に揺れて、それもバラバラの方向に動く。

こんな時に撮影すると、カメラはしばらく考えているが、深度合成はできませんと表示されてしまいます。

昨日載せたハコベのように茎を手で持つ事もできないので、ひたすら風が来ない時を待ち、しかもシャッタースピードはなるべく早くして短時間で8枚撮り終わるようにします。

もう一つ重要なのが、フォーカスステップです。

この時はステップ4ですが、8枚撮って花びらにピントが合っているのは4枚で、手前2枚、奥2枚はピントが外れているので、多分4枚の合成でできているのだと思います。

では、ステップ1か2で撮影するともっとシャープに写るかというと、花の揺れを拾ってしまうのか、花びらが2重線になってしまいました。

ステップ10では2枚しかピントが合っていなくて、あとは前後にピントが外れて中央部分がピンボケでした。

つまり、どのレンズで、何cm離れて、ステップをいくつにすると、8枚撮影でピントが合うのは何センチから何センチとデータが必要になります。

どなたか調べた方がいるかもしれませんが、今度自分で確認してみようと思います。

なんだか、コスミレの季節便りよりも、撮影方法の説明になってしまいましたね。

まだまだ、試行錯誤中です。


 


2017.03.24

ハコベ (カメラ内深度合成)

昨日は友人夫妻と東京薬科大の薬草植物園に行ったが、春の野草がいろいろと花をつけ、カタクリも沢山咲いていた。

野草を以前ほど撮影しないのだが、今日は清水入緑地で小さな花たちを撮影してみた。

ヒメウズ、ハコベの仲間、オオイヌノフグリ、コスミレも咲いていた。

ハコベの仲間はたくさんあるが、ミドリハコベだろうか?

A3248091w800


 
 

じつは、この写真は手持ちカメラ内8枚の写真の深度合成です。
現場で、自然光で、手持ちカメラで、これが撮影することができる。

8枚撮影の最初の1枚は、こんな写真です。

A3248083w800


 
 


これを、昆虫にも応用したいが、植物と違って動くので難しい。

深度合成が、どういう利用ができるのか試行錯誤中です。

何でもかんでも、深度合成すればよいとは思わないが、この簡単にできる利点を利用しない手はないと思っています。


ちなみに、データは以下の通りです。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro
ISO感度1000、F5.6 1/2,500秒
フォーカスステップ 10

 
 


2016.10.04

ミズヒキ (TG-3深度合成)

どうも最近は昆虫の写真が多く、「南大沢昆虫便り」の更新が多くなってしまっている。

野草も好きなので、撮影はしているのですが、いつも同じのばかりという気がしている。

 


今回は、違ったアプローチです。

テーブルにミズヒキの白いのと赤いのを、妻が花瓶に入れて飾っていた。

「そういえば、この雌しべの先のクルリとしたのを何度も撮ったのだけど、ピントが合わなくて、いつもうまく撮れないんだよな。」と言ったら、「深度合成で撮ったら。」と返された。

なるほど、昆虫の深度合成はするけれど、このミズヒキはしていなかったなと、やってみた。

TG-3で撮ってみたが、やはり難しい。 

でも、何とか撮れたのがこの2枚です。

Pa01406175aw800


Pa01399215aw800


 


ミズヒキは近所にもたくさんあって、いつも見ていたが、これが実だとは知らなくて蕾だと思っていた時期があった。

花はとっくに咲き終わり、長い間この状態でいる。

実の状態で、花柱(雌しべ)がかぎ状に下方に曲がって、成熟するとこのかぎで動物にくっつき散布されるとある。

でも軟らかいカギなので、これでくっつくのかなあ。
 


さて、深度合成ですが、TG-3カメラ内深度合成でやるとISO感度が上がってしまうので、ISO200でフォーカスブラケット撮影して、CombineZPでパソコンでの深度合成です。

最近知ったTG-4用の記事を参考にして、TG-3ですが内臓フラッシュ撮影利用のフォーカスブラケットです。
MENUで、 撮影メニュー2 アクセサリー リモートフラッシュ RCに設定。
撮影は顕微鏡のフォーカスブラケットでフラッシュをRC、ISO200です。

30枚撮影の標準ステップで、使用したのは30枚のうち、ピントの合っている20枚くらいです。

フラッシュ撮影では撮影間隔が1秒おきぐらいなので、三脚を使用しました。

これなら動かない昆虫にも使えそうです。


2016/10/6 追記) 改造したライトガイドLG-1を使用しました。

2016.08.29

シンテッポウユリ?

台風が接近している。
今までにない迷走Uターン大型台風が、明日来るという。
個人的には、予定が狂い大変迷惑しているが、まあ何とかなるものではないので、ただテレビの進路予報を見ているしかない。

昨年夏長期の入院をして、8月は退院して暑い夏を自宅で過ごし、近所のタカサゴユリを撮影して記事を載せたことがある。

今年も咲きほこっている。

M8198706w800


少し先の広場には、芝生の中にたくさん。

M8198701w800


フェンス沿いには、こんなにたくさん。

M8198702w800


ところがこれは、タカサゴユリではなくシンテッポウユリらしい。
昨年載せたのはタカサゴユリと書きましたが、これと同じですね。

何が違うかというと、タカサゴユリは赤い部分が若干あるが、シンテッポウユリは真っ白。
タカサゴユリというのは外来種で、シンテッポウユリは、そのタカサゴユリとテッポウユリのハイブリッド。
テッポウユリは春に咲くが、このシンテッポウユリは夏に咲く。
この増え具合は何かというと、種で増えて翌年には花を咲かせるという。
そのせいか、茎が短くて地面近くで咲いている花もある。
ユリは普通数年してから花が咲くそうである。

ただし、実際には交雑が複雑でなかなか本当のところは分からないらしい。

2016.03.20

カタクリ

長池公園でカタクリが咲き始めた。

M3200637w800

まだツボミのほうが多いので、これから見頃になる。

多摩境のスーパーアルプスの前にある小山田端自然公園は、カタクリの咲く頃だけ開放しているが、今年は26日(土)と27日(日)の10時から15時のようだ。
雨天中止とのことです。

今、コブシやハクレンがきれいだが、これからサクラをはじめ花の季節ですね。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31