無料ブログはココログ

2016.11.14

紅葉、黄葉

南大沢周辺でも樹々は色づき始めた。

カツラ並木は日当たりにもよるが葉が落ち始めてしまったのが多いが、ニュータウン通りのイチョウ並木は黄色くなってきたところ。


昨日、天気も良いので近所を回ってみた。

南大沢小学校前のケヤキ並木も今年はきれいに色づいてきれいだ。

Mb131597w800


 
 

小山内裏公園のカエデで一本だけ真っ赤になったのがあり、通りかかる人が写真にとっている。

Mb131611w800


 
 

センターの裏側でも黄色い大きな木が目立った。

Mb131617w800


 
 

尾根幹線をこえた町田市上小山田の方は、南斜面を降りていくので暖かいのか、南大沢のように紅葉が進んでいない感じがする。

ケヤキもたくさん葉がついて色づいていない。

それでも、山の一部分が黄色くなっていることろがあった。

Mb131642w800


 
 

2016.09.26

古代米

長池公園に久しぶりに行ってみた。
台風や大雨の為、築池の水は満タン、枝が折れたり、小川沿いは土砂が流入したり、影響は大きい。

田んぼへ行くと、古代米はしっかりと立って赤く実っていたが、ほかの稲は影響を受けたようだ。

M9250169w800


古代米は弱く育てにくいらしいのだが、ちょうど穂を垂れていない、茎もしっかりしている状態の時で良かったのかな?

2016.04.04

桜と菜の花

せっかくの花咲く春なのに、なかなか好天の青空とならない。

南大沢駅前のニュータウン通りとアウトレットパークの間の斜面では、桜と菜の花も今が見頃で、遊歩道から見下ろせるのがいい。

通りかかった人が、間近に見える桜をバックに撮影している。

昨日、曇り空ではあるが、桜と菜の花を撮影してみた。

P4033392w800


例年と違って、菜の花の咲く面積が減ってしまったように感じるが。

P4033397w800


パノラマ撮影してみるとこんな感じです。

P4033400w2200


写真は、クリックで拡大します。

2015.12.23

冬至 首都大光の塔へ

昨日は好天に恵まれ、暖かな青空の冬至であった。

ここ数年、冬至に撮影したい写真があったのだが、何故かうまくいかなかった。
それは、天候のせいか、用事があったからなのだろうか???

昨日は、やっと実現でき、そして撮影できたのがこの写真。
写真はクリックすると大きくなります。

Mc227910w800


これだけ見ても、なんだ?と思うでしょうが、順に話すとこういうことです。

南大沢駅から首都大に向かう街路にナンキンハゼがあり、今は白い実がきれいだ。
その後ろに見えるのは、首都大の入り口にある光の塔である。

Mc227859w800

この塔はかなり目立ち、側面に午前用と、午後用の日時計がある。

Mc227868w800


冬至なので太陽の位置は低く、影は一番短く12時前をさしている。
この二つの日時計の間にある四角い窓の中央に、見にくいが丸い小さな穴がある。

Mc227870w800


そして中に入ると、その丸窓からの太陽光が床に当たっている。
その光を撮影したくて来たのだが、この撮影時刻は11時27分。
太陽の動きにつれてこの光が動いていく。

Mc227871w800


右手の階段を上がると塔の中に入り、吹き抜けで三角屋根の天井まで見上げることができる。

Mc227899w800


右手の丸い穴から太陽光が入る。

そして、大きな振り子時計がある。
これは、ドイツの教会にあったものを改造して、パイプオルガンを自動演奏するという素晴らしいもの。

実は外の日時計は、南大沢時間で太陽光が真南に来た時(標準時より19分ほど早い)に12時をなる。
丸い穴から入る光は、冬至には一番奥まで差し込み、12時丁度に最初の写真が撮れた。
こちらも、19分くらい前の南大沢での太陽が真南時にぴったり一致するのかと思っていたのだが、こちらは標準時であった。
この12時にできる光を季節ごとに描くと8の字になり、これをアナレンマという。
それが月ごとに床にプレートが埋め込まれている。
残念ながら夏至には太陽が高すぎて塔の壁に遮られ、床に届かないので、やはり冬至がいい。

1分後にはもう数cmずれてしまっていた。

Mc227914w800


実は先の振り子時計は大きく素晴らしいものですが、設置された時(1991年3月)よりかなり時間がたって動いていなかったのだが、2010年3月に修理され、音楽も流れるようになって、説明板も新設された。

その説明板がこちらです。

Mc227903aw800

Mc227903bw800


この説明がなければ、初めて訪れたものには全く分からない。
出来れば、外にあれば興味を示す人も多くなると思うのだが。

残念なのは、昨日は又振り子時計が止まってしまっていたことです。
そして、さらに残念なのは、昨日出会った方は2名の男の方だけだったということ。
12時頃に通りかかった学生達は全く興味を示さず素通り。
まして、外の光の塔の下を通りかかる一般の方は、ほとんど光の塔のことを知らないと思われる。
認知度がとても低い。
小さな子供たちも、これらについて説明すれば科学に興味を持つ子も出てくるだろうと思うのだが。

実は、光の塔については7年前に「首都大学東京 光の塔の謎」としてこのブログに載せた。
検索して見ていただく方も多いので、多少は役立っていると思うのだが。

こちらには、さらに詳しく、また制作した須藤さんからいただいた文章も載せてあるので、興味ある方は是非ご覧いただきたいと思います。

2014.03.28

大平公園にフクロウ?

大平公園では、中央の山の木はだいぶ切られて明るくなった。
芝生広場の北側、保育園側の~入るところも木が大きくなって鬱蒼として暗い感じだったが、伐採が始まった。

53271509w800


その伐採されたところに、なにこれ!?があった。

53271506w800


近寄ってみると、こんなもの。
(これは別の日の撮影です。)

53251469w800

53251467w800


荒削りで、けしてうまいとは言えないが、フクロウ。

これは面白い。楽しくなる。

伐採をしている男性一人と女性二人がいたので聞いたら、その中の女性の一人が初めて作ったと言う。

上手だね、このまま残しておいたらと言ったのだが、どうなるのだろう。


同時に、池の浚渫も始まり水を抜いているが、以前のように一部だけなのだろうか。

2013.11.26

小山田方面

昨晩は強風と雨であったが、今日は穏やかな暖かい日となった。

最近、尾根幹線向こうの小山田に足が向かうようになった。
開発された尾根幹線の北側は多摩ニュータウンとなり、南側は何とも心落ち着く昭和の風景がある。

西日を浴びた、農家の裏山が紅葉しはじめているのが何とも言えずいい。
5b247296aw800


畑仕事をしている女性が二人いた。
鳥対策と霜除けの覆いをしているとのことであった。
5b267407bw800


雑木林に囲まれた様なところに畑があった。
ここでも、農家の方が畑の手入れをしていた。
5b247299aw800

小山田緑地のトンボ池で休憩してコーヒーを飲んだが、何とものんびりした気分となった。
5b267420aw800

ここではナツアカネやコノシメトンボがまだ飛んでいた。

この辺りは、春夏秋冬の良さがあると思うので、これからも通いたいところである。

ここのケヤキの樹皮裏にはヒレルクチブトゾウムシが何匹もいて、アカアシノミゾウムシも仲良く一緒に越冬していた。
今年はゾウムシを集中的に撮影したのだが、目標の100種には遠く及ばなかった。
この話はまとめてそのうちに載せたいと思っている。


2013.01.15

大雪

昨日は昼間に大雪が降って、東京では交通も大混乱であった。
雪の写真を撮るには、夜中に降って朝晴れるといいのだが、今回はそうはならなかった。
駐車場前の雪かきをしてから、近所を歩いてみた。

大平公園では、だれが作ったのか大きな雪玉があった。

A1159788w800


1m位のあまりに大きな雪玉を作ってしまったので、雪ダルマにならなかったのだろうか?

そして樹木の折れているのが何本もあった。

A1159783w800


もっと大きな木も折れていた。
まあ、大雪ではあったが、あのくらいの雪でと思ってしまう。

2012.01.24

雪景色

天気予報通り、朝起きると大雪であった。

ここ南大沢は、他より雪が多く積るみたいだ。
先日の雪の時も、車の屋根に雪を積んだまま出かけたら、多摩センターではそんな車はほとんどなかった。

雪の写真は北海道で撮ってきたのでいいかと思い、のんびりしていたが、少しだけ撮ろうと朝食後に近所を回ってみた。
真夜中にドンと雪が降って、朝から快晴になったので道路はカチカチで、いつもは大丈夫なバス通りもツルツルで斜めになって放置されたワンボックスもあった。

大平公園の樹もまだ雪をつけたままであった。

A1245130w800_2


広場もいつもと違う雪景色。

A1245076aw800_2


これらは、先日入手したM.ZUIKO DIGITAL 9-18mm 1:4-5.6 レンズを OLYMPUS E-P3につけて撮影したもので、35㎜カメラで18㎜レンズ相当のワイドだが歪曲がない。
今まで使っていた8㎜魚眼レンズよりも自然に撮れる。
何より軽いのがいい。

以前のように、手持ちだが露出を変えて3枚撮って、HDR処理したものも作ってみた。

A1245067_8_9aw800


もう一つの発見は、我が家から至近で東京スカイツリーが見られたことである。
もっとも、双眼鏡を持参しなかったので、望遠レンズで撮ってパソコンに取り込んで気が付いたのだが。

S1242756w800

唐木田の焼却場の煙突が見えてその右に新宿の高層ビル群、その右にスカイツリーが見られた。


2011.09.25

節電の夏も終わり

ようやく秋らしい天候になってきた。

今年は、電力不足が心配され、節電節電と言われ続けたが、なんとか過ぎ去った。
我が家は昨年からベランダでゴーヤを育てていたが、今年はさらに増やしていささか節電になったかと思う。
そろそろ黄色く変色し始めたので、取り去ったが、その前に撮影してみた。

S9181882w800

S9181885w800

S9181910w800

ゴーヤの実も20くらいは採れて、食卓にのぼったし、何よりも、窓の外に緑がびっしりあって、風に揺れているのを見ると、心地よい。
来年は、もう少し密度濃く葉が茂るようにしたいと思っている。

2011.01.08

シモバシラ 2011

冷え込みが続いているが、今日は寒かった。

そこで、シモバシラ(シソ科の植物)の氷の華が出来ているか見に行くと、今年一番の出来でした。
(写真をクリックすると大きくなります)

S1085394w800


高尾山の一丁平では沢山大きなのが出来ていますが、南大沢でも条件が良ければ少しは出来ます。

今年はずっと晴天続きで、乾燥しており、地中の水分も少ないようで、なかなか出来なかったのですが、やっと本格的な寒さになり出来たようです。
これで、大きさは10cmくらいでしょうか。

S1085407w800

以前のブログを調べてみると、2008年1月には、ここでもっと沢山、大きいのが出来ていた。


長池公園の自然館脇にもあるので行ってみた。
小さなのが出来ていたが、どれだかわかりますか。

S1085416w800


シモバシラの枯れた茎は、そこから左の方に3本くらい出ていて、そこから氷の華が夜中に成長したようです。
ここのは、透き通っていてガラスのようであった。

S1085418w800


より以前の記事一覧